主 now The きく♥みみ&たび きくの災難 3

きくの災難 3

きくの災難 この子が、現在治療中のKIKU(きく)です。

昨夜から食欲が無く、今朝も何も食べませんでした。
それでも薬だけは、きくが大好物の芋をペースト状にして包んで飲ませました。
が、30分もたたないうちに嘔吐して、薬はカプセルのまま吐き出しました><

シンクル250というカプセル薬の、典型的な副作用だそうです。
吐いたら、投与は中断。
皮膚の色も戻りつつあり、毛も生えてきたので、回復に向かっていることは確か。
食欲を無くしたら、その方がヤバイ。

きくの災難

ふだんと変わらない、元気なきく。
脱毛という症状を除けば、どこも異常は見られないけど・・
昨日は、午前中に散歩して、午後は被毛の洗浄をしました。

犬の服を着ていると、病気だということを忘れるくらい、よく動きます。

きくの災難

今朝の写真。
まだ、こんな状態ですからね><
この模様・・
来年の干支が、背中に現れた感じ(^^ゞ

それでも、脱毛は、完全に止まりました。
脱毛するだろうと思われた部分(ペタンとした部分)の毛も、抜けません。

きくの災難

昨日より、また新しい毛が生えてきました。
軟膏を塗るたびに、感触で解ります。
今までツルっとしていたところに、棘が生えてきた感じです。

肌は、まだ斑ですが、元に戻ってきている感じです。

それにしても・・今回の脱毛症状は、なんなの?何が原因だったの???

私は、毎日きくを触っていたのに・・
どうして気づかなかったの!><
こんなに脱毛するまで、気になることはなかったの!

そういえば・・
気にした日があったっけ。
いつだったろう・・と思って、
過去の写真を探してみると・・ありました。この日。

k2.jpg

この写真は、10月28日
術後20日目に撮影したもの。
前日に、実家に行って遊んできました。

発疹ができて痒かったのか、背中を何かで引っ掻いたような跡を見つけていました。
何気に、夫に撮っておいてもらいました。
気になったというより、ただ、擦り傷を見つけただけ。
この時点で病院へ連れて行っていたら、
脱毛は避けられたのでしょうか。
解りません。

擦り傷は、実家の庭を走り回るきくなら、ありえることで。
庭には、植木を剪定するための梯子もだしっぱなし・・無駄に点在する庭石。
剪定の終えた庭木の、鋭い枝。
体を擦る場所も、傷を作りそうなものも、いくらでもありました。

きくの災難

きく&みみ達が、この庭で遊ぶようになって、私が一番気にしたのは、薬剤。
防虫剤や除草剤、アリの巣コロリとか、そういう毒は蒔かないでね!と、
庭への薬剤散布の使用禁止を両親に頼んでいました。
老いた母に、庭仕事を増やすことは、承知のうえで。

ですから、庭には、毒虫もいただろうし、
樹木には、毛虫もいたでしょう・・
花も咲いていますから、
蜂も来るだろうし、蚊もいました・・

きくが虫に刺され、痒くて、塀か石にこすってできた軽い擦り傷と思い、
重要視せず。
そのうち治るだろう、消えるだろう、と楽観視していました。

ちょうど、避妊手術後、20日目でした。
抜糸から4日目(傷口は化膿せず、完治して発毛)
術後の抗生剤(10日分)を飲み終えた、10日目。
抗生剤の副作用での発疹も疑いましたが、
副作用ならもっと早く出るそうです。
そして、数日で、全身に発疹と解るように、広がるそうです。
(投与期間中に出る場合が多い)


異常に気づかなかった、11月の第1週~2週目前半の状態

思い出してみました。
脱毛の予兆らしきことは無かったのか?

あの頃、発疹と擦り傷はあったものの、
森林公園で遊ばせ、自宅でトリミングもしていました。

トリミングは、いつも自宅で、毛は短くカットします。
短い方が皮膚の異常を発見しやすいから!
(しかし、コノザマでした><短くしていても、今回の結果><)

あの時は、シャンプーしても、脱毛に気が付きませんでした。
そもそも、毛が抜けるとは思っていませんから、注意して見ていません><
短い毛が抜けていたとしても、シャワーとともに流されていたことです。

きくの災難

異常といえば、今でも覚えている感触があります。
オデキの周りがとても固かったこと。

一度できたカサブタが剥がれて、オデキが少し大きくなったこと。
それは、カサブタが剥がれたから、腫れたと思いました。

その後、すぐにカサブタができて、今度はカサブタに毛も生えてきたのです。


ここで、オデキが化膿してしまったら、きっと病院へ行ったはずですが・・
治りかけに見えました。いえ、治っていました。そこの部分はね。
ですから、全く気にしなかったのです。

その頃、きくのことで気になったのは、
皮膚より、過食気味になったことでした。

注意して見ていないと、みみの分まで食べてしまい、
体重を測ると、手術前のきくの体重は7.2kgでしたが、
みみ(8kg)より増えて、8.2kgになっていました。
術後2週間で、1kg増えていました。
これは異常!
甲状腺か、糖尿病か・・必ずどこかに負担がきます。

過食の原因は、避妊手術の影響かと思い、
フードは(アイムスの)体重管理用に変え、
散歩も距離を伸ばしました。

たぶん、運動不足もあぅたのです。
抜糸後も、散歩は短めにし、室内での遊びも控えました。
なぜ?
一言に尽きます。
4歳半で手術したから、外側より内側に用心しました><
完全に、注意するべき的をはずしていたのでしょうか。

まさか、脱毛に苦しむなんて・・・
この時は、想像だにしなかったことです。


異常に気づいた、11月の第二週後半の状態

擦った擦り傷には、カサブタができ、毛が生えていました。
シャンプーして、毛を乾かしているとき・・
短くてもフワっとなる毛が、一部寝たまま。

毛の生えたオデキの周りの毛がペタンとして、
皮膚も毛も乾いているのに、寝たまま。
なおかつ、寝たままの毛は、フワッとした他の毛より短くて、
刈った時の長さのまま!

毛が伸びていない、とすぐに解りました。

しかも、バリカンの退色とも違う、うす白っぽく変色していました。
被毛が明らかに異常・・


なんで?と思いながら、短いままの毛を何気に引っ張ると・・
引っ張った部分が、ポロっと抜け落ちました。
力も入れずに。

まさか、と思って、
その周りを親指で軽く擦ってみると、
簡単に剥がれ落ちるように抜けちゃうじゃないですか!

しかも、もっと驚いたのは、抜け落ちた部分の皮膚が、真っ黒!
墨のように黒くて、ぞっとしました><
その日は、その部分に触れられず・・

翌日、あわてて病院へ。

そんな経過があって、【きくの災難 1 】になるわけですが、
自分では、毛が抜けてすぐに病院へ連れていったので、
早期発見、早期治療、早期回復する!と思っていました。

が・・
こうして、冷静に過去を思いだしながら書いてみると、
危険信号をいくつも見落としていて、早期発見どころか、
かなり進行していたわけで。

早期発見・・発見したのに、放置してたということです。

毛並の変化に気づけば良かった。
無駄に撮っていた写真を見ると、哀しいほど解ってしまいました。
どれもこれも、今月上旬に撮ったきくの背中の写真には、
今回の脱毛部分が、薄く黒ずんでいます。
拡大すると解りました。
毛が薄くなり、色素沈着しはじめた皮膚の色が黒っぽく写っていたこと。

ごそっと抜けた日が、初めて抜けた日ではなく、
脱毛は、それ以前から、少しずつ始まっていたわけです。




関連記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR