主 now The きく♥みみ&たび きくの災難 8

きくの災難 8

さて、早いもので、治療開始から、ひと月が過ぎました。
2日おきに、殺菌シャンプーで洗っていますが、
さすがに効果があります。

image1.jpg

治療開始初日に、殺菌シャンプーで、治れ~治れ~と念じながら
きくの背中を擦り洗いしたせいか、弱った毛が一気に抜けました。

抜けた部分の皮膚は、色素沈着して真っ黒でした。
おまけに、色素沈着した皮膚には、不気味なシワが寄っていましたが、
徐々に回復していきました。

当時は、原因も解らず、病名もハッキリしませんでした。
避妊手術をしたすぐ後だったので、私は、避妊手術後のリスクが出たのかと思いました。
それ以前まで、病気ひとつしなかった健康優良児なきく。

掛かりつけの獣医先生は、脱毛した皮膚の部分を顕微鏡で診て、
すぐに外部からの攻撃にあって(免疫低下中のため)感染したと判断したようです。
が、病名は謎のままでした。

でも、先生は・・たぶん、アレだろうと・・(^^ゞ
アレって?

今日の記事の後半に書きますから、画像だけでも見てやって下さい。

image.jpg

時々、毛を引っ張って、脱毛しないかチェックするのがクセになりました><
そういえば、脱毛当初は、ポロっと剥がれるように抜けて、抜けたことすら気づかなかった、きく。
あれほど、一度に大量の脱毛をしても、痛がらなかったことが、今思いだしても恐ろしいことでした。
色素沈着していた頃は、ほとんど解りませんでしたが、
皮膚が綺麗になって、黒い輪染みだけになってきた今、
皮膚に、こんなシミ?跡を発見。
(パッと見では、解りませんが)

image2.jpg

拡大すると・・

image3.jpg

これを見て、思い出しました。
先生が言ってたこと。
『オデキが一つってのが解せないなぁ。もっとポツポツ出てたら、白癬菌が入ったのかもしれないけど』
白癬菌とは、簡単に言えば、水虫菌のようなもの(^^ゞ

今回、きくのおかげで、私も犬のかかりやすい皮膚病の勉強をしました。

外部から貰うバイ菌でかかる犬の3大皮膚病とは?
はい、膿皮症、真菌症、白癬菌症。
それらは、発症当初は似ていて判断しにくいけど、症状の違いで分かります。

----------------
まず、免疫力の弱い状態の(幼犬、老犬、手術後の犬)に発症しやすい、が前提として、
おおざっぱに原因と症状をまとめてみました。
すべて、・・らしい、というニュアンスでお読みください。
(獣医から又聞きしたことを思い出して書いたので。症状の例外は、大いにあります)

膿皮症
おもに外傷、虫刺され等が原因で黄色ブドウ球菌等が入り、
皮膚が蒸れたようにベタついてくる。
かなり痒がって痒い箇所を擦るので、
発疹が化膿したり、脱毛が広がったりる。
皮膚が黒ずんで色素沈着する。
黄色ブドウ球菌が死滅しないと、痒みが止まらず症状を悪化させるらしい。

真菌症
おもにカビが原因で毛孔から菌が入る。
被毛の不潔か、過剰なシャンプーで毛孔を広げ、皮膚を弱らせて感染する。
真菌症の犬からも(免疫低下中は)感染することがある。
発疹ができ、円形に脱毛する。
あまり痒がらない。

白癬菌症
ジメジメした場所や土の中にいるカビ菌の一種が原因。
穴掘りや、雨上がりの濡れた歩道等を歩き、
自分の手足に付いた菌を皮膚に感染させたりする。
最初はあまり痒がらない。これまた円形に脱毛。
赤い発疹ができ、乾燥するとカサブタになり、
引っ掻いてはがす、を繰り返すこともある。
人間でいうところの、水虫かいな?      

で、太文字は、きくにも当てはまった症状です(^^ゞ

3大皮膚病が、部分的に当てはまっていますが、
獣医の診断で消去できたのは、膿皮症。
膿皮症は、他の皮膚の感染症とは症状が違うらしいです。

よくよく見れば、獣医から処方された薬や軟膏は、真菌か白癬菌が原因の治療薬です(^^ゞ

それで完治に向かっているとすれば、きくは、水虫のような皮膚病になったと言えます。
それなら、同居の犬猫たちに感染するかと思いますが、
今のところ、みみにも、猫たちにも、人間にも移っていません。

image4.jpg

みみは、ペットショップで購入したワンコ。
購入した日に、薄毛と背中のポツポツが気になり、
すぐに、きくの掛かりつけの獣医に診せ、
健康診断で、薄毛はさておき、真菌症の皮膚病に感染中と診断されました(^^ゞ
管理の行き届かない薄利多売のペットショップのワンコに多いそうです。
みみは、常に殺菌シャンプーを使用してきました。
それで感染予防ができていたのでしょうか。

image5.jpg

そのせいか、みみの皮膚はポツポツが消え、薄毛こそ治りませんが(^^ゞ
銀色の毛は、艶も良くなり、美しく光っています。

きくは、免疫低下中に実家へ行き、庭や畑で穴掘りをやっていました。
白癬菌の感染は、穴掘り好きなワンちゃんには、珍しくないそうです。
ドッグランでも、気を付けないと・・。

まず手足に菌を付けて、それが皮膚の弱い部分に付着して発症するらしいです。
散歩から戻ったら、手足の指の付け根とか、特にしっかり洗わないと・・
菌の付いた手足で耳を掻けば、柔らかい耳に菌が感染するでしょう。

雨上がりの散歩道は、ワンコたちのオシッコも洗い流したようで、
清々しく散歩していましたが・・
ああ勘違い。
無知でしたね><
雨上がり、ぬかるんだ道を歩いた時は、
特に特にしっかり手足を洗ってあげないとイケマセン。

ガンバるきくに、わんクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ 




関連記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR