主 now The きく♥みみ&たび 2014年02月

種から栽培2年後 -シクラメンの不思議ちゃん-

不思議ちゃんと名付けたシクラメン。
不思議ちゃんとの出会いは、このあたり。

20140226fushigi03.jpg

2年前の夏。
コボレ種が発芽して、マリーゴールドの根元で育ち始めました。
このコが、不思議ちゃんと呼ばれる所以は・・
なかなか成長しなかったのです。

枯れるだろうと思いつつ、そのままに。

冬になり、年が明けましたが、特に変化なし・・
生きてるだけ、すごいなって感じでした。

1年後の同じ日。

20140226fushigi04.jpg

そうです、去年の夏も、こんな感じ(^^ゞ

その年の冬も、花も咲かずに年が明け・・
不思議だなーと思っていました(笑)

ですが、今年の不思議ちゃんは・・
不思議なことに、自然体!

20140226fushigi01.jpg

けっこう逞しくなって、ガーデンシクラメンくらいの大きさになりました。

不思議ちゃんが、ふつーの自然ちゃんに(^^ゞ

良く見ると・・

20140226fushigi02.jpg

ツボミのようなモノが!
何か咲くのかな・・もしかして、シクラメンのような花?
或は、シクラメンに見える不思議な花?(笑)

でも、2月も終わる今頃に、こんな小さな花芽では、ね。
いつごろ咲くのでしょうか、5月頃?
とはいえ、かなり楽しみにしています(笑)

--------------

さて、発芽して早々に、実家の母に管理を任せたシクラメンは?
※この話は、こちら【シクラメン -種から育てる再挑戦-】に。

こんな感じです。
まず、種まきは2012年の2月中旬。
発芽は、しっかり、ひと月後に。
いかに適当に蒔いたか、解ります(^^ゞ

20140226jituka01.jpg

実家の母が、素焼きの鉢に植え替えてくれました。
そして、去年の冬も、↑↑こんな感じ(^^ゞ

そして、1年後の、今年の今です。

20140226jituka.jpg

ええーーー?
育ってない!
同じ写真じゃないの?って・・いいえ(^^ゞ
今年の最新画像です><
地味に育っています。

そうです・・我が家の場合、
自然栽培では、こんなに時間がかかるのですね。
私自身も驚いています。
これだから、大株になればなるほど、シクラメンの価格がお高くなるわけです。

不思議ちゃんは、ガーデンシクラメンの大きさになりましたが、
ガーデンシクラメンの価格では売れません!
え?商品価値がないって?
いえ、その逆で(^^ゞ
わたし的には貴重すぎて、価格が付けられません(笑)

どこぞの家で、種を撒いた年に、花を咲かせているお宅もあるかと思います。
花農家さんなら、あたりまえかもしれませんが、
趣味で栽培している人で、種を撒いて、その年に花を咲かせている人は、すごい!
どんな肥料を与えているのか、知りたい!(笑)

ちなみに、ほぼ放置気味でも、ちゃんと育っているから、
不思議ちゃんは、やはり不思議ちゃんです(*^-^*)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
関連記事

夏越し、1年目のシクラメンが開花

ところで、去年の夏を越したシクラメンは、どうなっているでしょう(^^ゞ
我が家で、唯一夏が越せた株は、3株でした。

↓ 古い画像を使いまわしてすみません(笑)
夏を越したシクラメンの今という記事を去年の11月にUPしています。

この写真の3番目のシクラメンは、夏は越せましたが徐々に枯れました><

image23.jpg

あれから・・・
現在の、1番目のシクラメンは、こんな感じです。

20140220d.jpg

ツボミがあがってきました。
正直言って・・購入当初の様子が、思い出せません(^^ゞ
少なくとも、もっと花丈が伸びて、葉が円を描くように茂っていたと思います(笑)

葉組できるほどバランスよく生えずに、大きさもまばらです。
ただ、とても逞しい葉です。
コシがあって、肉厚があり、葉野菜のようです(笑)

そして、病気にもなっていません。
あの雪の日も、バルコニーにだしっぱでしたが(雪よけはしていましたが)健在!

そして、2番目の株は、こんな感じです。

20140220a.jpg

これも、野性的。
ガーデンシクラメンだったと思いますが・・ミニビクトリアでしょうか(笑)

しかも、根元がわさび根。
20140220c.jpg
でも、このままにしておきます。
夏になれば、この部分は自然と取れて、なくなるでしょう・・

花の様子。
20140220b.jpg

正直言って、花はショボイですが、逞しさが漂っています。
それに、なんとなくツボミが、ふわっと膨らんで、可愛いのです。
それと、球根が大きくなりました。

実は、密かに感動しています(笑)
売り物には程遠い容姿ですが、夏を越して、初めて1年目を迎えたシクラメンたち。
今年のシクラちゃんに、負けない美しさがありますよ。

さて、今年はなんやかやと、新しい購入株を4株手に入れています(^^ゞ
何鉢、夏を越せるでしょうか・・

次回は、種から育っている<不思議ちゃん>と、実家のシクラちゃんたちをUPしましょう!
不思議ちゃんは、不思議ではなくなり、ごくごく自然ちゃんになりつつあります(笑)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
関連記事

大雪の爪痕

ここ数日、真夜中のオリンピックを観戦していたら、
(普段は寝ている時間ですから、暖房費節約と思ってストーブを消していたら)
寒さで?体調を崩したようで、風邪気味になり、2日ほど、散歩を休みました。

日本を代表して頑張っている選手の方々を思うと、
ただTVの前でぬくぬくと応援しているだけなのに、
バテるなんて、情けないこと!
お恥ずかしい限りでございます。

そして、きくのウエストも少しクビレてきました。
1日2時間の散歩の効果が、徐々に出てきたようです。
継続は痩せるなり。

と思いつつ、今日の散歩。
先週の大雪が、まだあちこちに残っていました。


kikumimi20140219a.jpg

みみは時々ストライキ(^^ゞ

この2ワンは、雪遊びが大好きなこと、今年の大雪で解りました。
特にみみは、異常な反応で、雪の残っているランに入れると、
ウサギのように飛び跳ねながら、猛ダッシュで走ります。
あたかも、『あたしを捕まえてごらんよ!』と言わんばかりに!

kikumimi20140219d.jpg


kikumimi20140219e.jpg

フタリはちょこまか歩き回りますが、私は冷たい風にさらされて・・寒いっ!

そして、公園の樹木の根元に、折れた木々を発見。
あの大雪の重みで折れたのです。


kikumimi20140219c.jpg

見れば、あちこちに!

その折れ方の痛々しいこと・・
ただぽきっと折れたのではなく、
引き裂かれた感じです><
樹木の悲鳴が聞こえてきそう。

kikumimi20140219b.jpg

これが、大雪の爪痕。

折れた枝を悲しげに見つめているような樹木たちでした。
頑張った枝たちは、その分、元気で逞しく成長して欲しいな。

まだ、折れた木々は、その場に置かれたまま・・。
それらを処理する作業も、大変なことです。
爪痕の、あまりの多さに。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
関連記事

原種シクラメン -C.graecum-

今日は、我が家のシクラメン・グラエカムをご紹介します。
原種シクラメンは初めての栽培です。
これから、どのように育っていくか楽しみです。

写真は、今年1月の、購入当時。
今日も、こんな感じです(笑)
球根は固く、種も付いています。

5月なか頃に、種を収穫できたら撒いてみます。
なんせ、一輪の種、ですからね、
収穫できたらラッキーです(*^-^*)

20140131r-cyclamen.g.jpg

地植えはできないそうです。
なので、深めの鉢で育てるのですね。

球根を半分出して植え付けるそうです。
ヒアシンスみたい?

20140201graecum01.jpg

グラエカムの特徴
花期は、初秋から。
園芸用のシクラメンより、一足早く咲きだすのですね。
冬まで咲いて、その後、葉は後から出てくるそうです。

不思議ですねぇ・・
園芸種では、葉が先に出て、葉の数だけ花が咲きますから、逆ですね。

花が終わると、春から初夏まで、葉を観賞するのですね。
夏場には、その葉も、なくなるそうです。
休眠に入るのですね・・

う~ん・・休眠が永眠にならなきゃいいけど><

うまくいけば、秋口に花芽が出てくるのでしょうね。

長生きするそうで・・
年月とともに、球根が大きくなっていくそうです。

とにかく、枯らさないようにしなきゃ!
変化があったら更新します(笑)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
関連記事

早春のオキザリス -2013.10月から現在-

そういえば・・今、
バルコニーを彩ってくれているのは、オキザリスたちです。
去年の9月以降、更新が途絶えていましたが、今まさに花盛り。

去年の早春、たまたま、犬たちと散歩中に見つけたオキザリス。
一目ぼれしてしまい、通販で手に入れたのですね。

あの時の苗が、無事に夏を越しまして、
(とはいっても、何の管理もしていません(^^ゞバルコニーに放置気味でした)
それが、9月に芽を出して、復活したのですね。

では、その様子を。(去年の10月から現在まで、おまとめUPです)
地上部に葉の無い鉢、つまり、土だけ入っている鉢から、
ある日突然、ニンジンの葉のような青葉が伸びてきました。

oxalis_aki01.jpg
その鉢に植えていたのは、オキザリスのパーシーカラーです。
同じころ、梅の輝きの鉢からも!
梅の輝き、の方は、夏場に水がカラカラになったとき、土の表面に、小さな球根のような粒がありました。
小粒の赤玉土のようにも見えて、よく見ないと何だか解りませんが、球根に見えました。
球根に見えたのに、そのまま(真夏は水切れ状態で)放置していました。
が、秋のある日、長雨にさらされていたら、芽が!そして、ヒョロヒョロと伸び始めました。

それから、ひと月の間に、ものすごい勢いで成長しました。

oxalis_aki02.jpg

パーシーカラーは、みるみる広がっていき、ツボミが沢山つきました。
桃の輝きも、ある日、花が咲きました。
オキザリスの季節が来たのね!って感じ~。

oxalis_aki03.jpg

そのころ、近所の花屋さんに黄色いオキザリスが売っていました。
もちろん、買い増した。もとい、買いました。(種類の違う黄色です)

oxalis_fuyu00.jpg

名月のめぐみ、は葉が大きくて葉裏が赤く、立派な園芸品種ですが、
もう一つは、あの野に咲く黄色いカタバミを一回り大きくした感じです。
でも!自然と生えている草には見えないのが、
やはり園芸品種の賜物なのですね。
この黄色いオキザリスは、屋外の植木の根元に寄せ植えしました。
まだまだ写真があるので、いつかじっくり載せたいと思っています。

ところで、あの、去年の今頃、
散歩道にポツリンと咲いていたオキザリスは、
どうしているだろうか・・
気になって見に行ってみました。
すると・・

oxalis_fuyu01.jpg

同じ場所で咲いていましたが、群衆になっていました。
びっくり~!
地植えですと、こんな風に増えるのですね!!
とても嬉しくなりました!

しかも、一昨日、都内は大雪になり、バルコニーも真っ白になりましたが、
黄色いオキザリスは、あの雪の重みにも耐えていました。
かなり丈夫ですね!
さすがカタバミの仲間です!
今は何事もなかったかのように、ツボミを立ち上げています。

oxalis_fuyu03.jpg

桃の輝き、は、私のイメージ通り咲いてくれました。
球根のようなもの、をすでに知ったので、今年は増やせます!
実家の庭にバラまけば、そこここに桃の輝きが生えてくるでしょう!
(この丈夫さを母にも報告して、母の<桃の輝き>も、地植えを勧めようと思います)

パーシーカラーは、とても絵になります。
鉢を覆うように、ラウンド型に広がって、ブーケのように咲き出します。
それはそれは見事ですよ!

oxalis_haru01.jpg

一言では言えません!(笑)
可憐でゴージャス?とにかく、購入時の数倍もボリュームが出ました!
花束で言うところの、カスミソウ的な存在になりますね。

oxalis_haru02.jpg
冬の、花の少ない季節に、透き通るような緑と、白地に赤いラインが映えます。
晴天ですと、パッと花が開いて白が際立ちますが、
私は日に当たる前の、このツボミの感じが好きです。
また写真を撮ったら載せましょう!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
関連記事

雪ん仔たち

今日は都内も大雪警報が出ました。

ちょっとだけ、雪に触れさせたいと思って、
3時ごろ外に出ると・・サラサラの粉雪。
さすがに、2ワンは大喜び。

20140208a.jpg

そして・・

20140208b.jpg

ふたりはもっと歩き回りたい様子でしたが、
小さな足の裏が凍傷になっては・・という心配で、
20分くらいで帰りました。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
関連記事

原種シクラメン -C.Persicum-

原種シクラメンも、いろいろあるようですが、
このC.ペルシカムという原種が、
現在、一般的に売られている園芸用のシクラメンの改良元だそうです。

そういわれてみると、他の原種シクラメンよりも、
葉が大きめで、改良種のシクラメンに容姿が似ています。

20140131r_cyclamen.jpg

これは、花後の株で、種を付けています。
種がはじけたら、撒いてみましょうか。

夏が越せたら、秋に白い花を咲かせることでしょう。
今は、葉模様が楽しめます。
白銀色で、とても美しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
にほんブログ村
関連記事

シクラメン -ビクトリアとゴールデンボーイ-

今日は、原種シクラメンの続きを載せる予定でしたが、
その前に、以前購入して、母にプレゼントしたビクトリアと、
その後購入した黄色いシクラメンのゴールデンボーイ、
それは、お世話になった粘土作家の先生に差し上げましたが、
その写真を載せたいと思います。

では、実家にあるビクトリア(*^-^*)

20140131_jika.jpg

これです。
6号鉢だったと思います。
実は私も、本物のビクトリアを手にして見たのは、初めてでした。

この写真はイマイチですが、シクラメンの女王と言われるだけあって、迫力がありました。
葉の大きさも、半端なく大きかったです。
元はと言えば、原種シクラメンから誕生したのですよね。
よくもまぁ、こんな大きな立派なシクラメンができたこと!
このビクトリアを購入した時の記事は、こちらにて

-------------------------
黄色いシクラメンのゴールデンボーイを手に入れた経緯は、こうです。

去年、私の趣味でもある粘土細工教室の先生が、
粘土で黄色いシクラメンを作って、先生のお店に出していました。
私は、過去にネオゴールデンガールという黄色いシクラメンを購入して、
黄色いシクラメンの存在を知っていましたが、先生は、ご覧になったことがないそうで。
「え?黄色いシクラメンは、本当にあるのですか?」と。(笑)
黄色は、想像で作っていたのですね(笑)

ならばぜひ、本物を見せてあげたい!
そういえば、笠原園芸さんにあったような。
私の撮ったハウスの写真を見ると、写っているではないですか!(笑)
というわけで、再び買いに行ったのでした(*^-^*)

そして、黄色いシクラメンを2鉢、買ってきました。
先生の分と、私の分(*^-^*)

golden-boy.jpg

さっそく先生に持っていくと、大喜び!
そして、そのお礼にと、なんと商品でもある作品の黄色いシクラメンを下さったのです。
ここに粘土のシクラメンの写真を載せねば!
ということで、本日8日、東京は大雪警戒が出ています今(^^ゞ)、
写真UPと追記をいたします。
--------↓↓↓
nendo_cyclamen01.jpgnendo_cyclamen02.jpg
これは、先生の作品ですが、花はもちろんのこと、葉模様も、とてもリアル。
2号と3号ポットの中間くらいの大きさ。
下の写真は、赤と黄色が粘土のシクラメンです。

nendo_c.jpg
赤は、去年、先生のところで購入したシクラメン。

生花のシクラメン、なかなか夏が越せないので、
今期は購入を見合わせようと思って、粘土の赤いシクラメンを買ったのです(笑)
それを見本に、私も粘土で挑戦しようと思っていました(笑)

粘土もいいけど、生花もねっ!(笑)
やはり生花を見たら、生花も欲しくなるのが人情です><・・・と、本日追記
-----------------------


20140128golden-boy.jpg

これは、1月下旬の様子。
この2日後くらいには、つぼみがすべて咲いて満開になりました。

実は、母も黄色いシクラメンを見たことがないと言っていました。
一つでも咲いているうちに、届けようかな~と思っています。
え?こんなに咲いてるのにって?
次回、実家へ行くのは・・・来月かもしれないのです(笑)
それまで、この状態は保てないでしょうね><

------------------------


ところで、ブログのコメント欄が不具合のようです><
コメントを書いてもエラーがでてしまうようです><
原因は、コメント設定にあるようですが、今調べております。
試しに、コメントをどうぞ!(^^ゞ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
にほんブログ村

関連記事

わが町の高台散歩

日中も、昨日の雪が少し残っていましたよ。
日向と日蔭の温度差が、かなりありました。

20140205.jpg

首都高より高い歩道橋に見えますが、歩道橋ではなく、歩道なのです。
この位置に、家並みがあるのです。
坂の上の町ですね。



20140205kiku.jpg

写真はイマイチですが、ここからの眺めは、とても良いです。


20140205mimi.jpg

ちょっと風通しが良いので、冷たい風が身に沁みます。

20140205kiku2.jpg

登ったり下ったりすると、5000歩くらいになって、いい運動です。
軽く1時間以上の散歩が楽しめます。

きくは、少しスリムになりました。
少しだけ。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
関連記事

原種シクラメン -C.COUM-

なぜか、原種シクラメンが増えました(笑)
あれから、笠原園芸さんに再び行って、
黄色いシクラメン(ゴールデンボーイ)と、
原種3鉢を手に入れました。
いよいよ、はまり始めていますね(^^ゞ

我が家の原種シクラメンたち。

20140131r-cyclamen.jpg


さっそく、【趣味の山野草】のバックナンバー(2013年12月号)の、
特集記事【原種シクラメン】と見比べながら、密かに大満足(笑)20140131coum4.jpg
あ、↑この写真(雑誌の24ページ)と、私のコウム・・同じ?
(密かに大感激!)と思ったら、花の種類が違いました。

私のコウムは底紅だけど、写真のは・・・底白?(笑)

そんな発見も楽しいのです。
葉模様は、同じ。
かと思いきや、シルバーではなさそう(笑)

coum20140202.jpg

雑誌に掲載されるような珍しい種類が手に入るわけないよなぁ~(笑)
原種シクラメンのなかで、コウムは、一番葉模様の種類があるそうです。
ということは、ある意味、どれもが似て非なる珍しい模様だと言えますね。

20140131coum5.jpg

この葉、内側がシルバーなんです。
どんな花が咲くのかなぁ・・それも楽しみ。

原種シクラメン・コウムの花期は、冬から早春だそうです。
今が、花期なのですね。
園芸用シクラメンと同じ。
ですが、園芸用のシクラメンの親は、原種シクラメンのぺルシカムという品種だそうです。





20140131coum.jpg

手のひらサイズの鉢に、可愛らしく収まっています。
小さいけれど、野性的な逞しさが漂っています。

20140131coum2.jpg

和風な感じがしますね。

20140131coum3.jpg

これも、数年後には、ワサワサになるでしょうか(笑)
それとも・・・
一期一会になってしまうかなぁ~(^^ゞ

では、次回の原種シクラメンは、
園芸種の元祖、C.ぺルシカムを載せます。







にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
関連記事
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR