主 now The きく♥みみ&たび 2011年07月
FC2ブログ

みみ便り -実家にて-


みなさま、お元気ですか?

きく姉とあたし(みみ)は元気。

 

今日は、あたしが近況報告するよ!

 

またまた先週の日曜日から昨日まで、

ママの実家にお泊りして、今週は、東京の家に戻ってるの。

爺ちゃんは、相変わらず入院中。

だからまた、週末はママの実家へ行くんだ。

 

ママは、爺ちゃんの病気はリウマチの悪化だと思っていたけど、違ってたみたい。

いろんな検査をしてみたら、リウマチではなく、お薬負けしたんだって(^^ゞ

お薬で、胃腸が弱って炎症し、体力が落ちて、起きあがれなくなったんだって><

 

そもそも、爺ちゃんは神経痛持ちで、心臓にも持病があって、かなり高血圧らしい。

病院から出された心臓や血圧のお薬を沢山飲んでいるのに、

神経痛が出た時に、市販の健康食品と痛みどめを飲み始めたそうな。

 

・・実は、婆ちゃんの余計なコトもあったそうな。

 

『私はコレで足腰の痛みがとれました!』みたいな広告だかCMを婆ちゃんが見て、

藁にもすがる思いで、爺ちゃんに、どこぞの健康食品とか買って勝手に飲ませて、

それが原因でか、吐き気や頭痛でフラフラになってしまったのに、ま~た、

今度は、市販の頭痛とめまいのお薬を買ってきて飲ませたらしくて(^^ゞ、

お薬の過剰摂取で倒れたそうな(^^ゞ

 

爺ちゃんの病院は遠いから、爺ちゃんは、行くのが面倒だと婆ちゃんに言ったんだって。

それに、万が一、入院にでもなったら、夏祭りの用意ができなくなるって言って、

ど~しても病院へいこうとしなかったんだって。

そんな経緯が明るみになって、ママ激怒。

 

母さん、父さんが悪化したのは、母さんのせいだわ。

藁にもすがる思い?

こんな、万人向けの健康食品が効く訳ないじゃん!

藁にすがって助かると思ってるの!

藁なら、掴んでも確実に溺れて死ぬよ!って・・

ママは、勢いで婆ちゃんに言ってた。

 

婆ちゃんは良かれと思って、爺ちゃんに飲ませたと言ったけど、

何を聞いても、ママは激怒するばかり。

あたし、泣いてる婆ちゃんのそばに行こうとしたの。

婆ちゃんも、手を伸ばしたから・・でも、ママがさえぎった。

 

『みみ!

あっちへ行ってなさいっ!

母さん、泣いてる場合じゃないでしょ。

あのね、二人とも自分達がお年寄りだってこと忘れているよ!

もう、毒を飲んでも吐き出せる若者と違うのよ!

一度弱ったら、なかなか回復しないトシヨリなの!

考えが無さ過ぎるでしょう!無知すぎて情けない!

薬の過剰摂取なんて、自殺行為じゃないの!

父さんに早く死んで欲しかったの!

まったく!

トシヨリならトシヨリらしく、しっかり健康管理してよっ』

 

それを聞いていた、きく姉が、ママの顔にそろりと手を伸ばしたよ。

あたし、ドキドキしながら見てた。

 

『ママ、そこまで言う?

もうヤメテ。

婆ちゃんを責めないで』って伝えたんだ。

 

したら、怒っていたママが、泣き出した。

あたし、ビックリ。

 

『きくが私の顔に手を・・・、止めに入ったみたい・・

母さん、言い過ぎてごめん』

 

婆ちゃんも泣きながらママに謝っていた・・・。

ママも、婆ちゃんに謝っていたよ・・。

仲直りしたのかな・・。

 

きく姉のおかげ?

みんなも、お薬を飲む時は、飲み合わせに気をつけてね。

 

ママの実家では、

町の夏祭りを控えていて、爺ちゃんは、開催役員だったの。

ど~しても、夏祭り前に体調を整えて参加したくて、無理していたみたい。

爺ちゃんは、ガンコ者だから、婆ちゃんが病院へ行ってくれと言っても、きかない人。

それもママは知ってたけど・・・怒る相手がいなくて、婆ちゃんに怒ってしまったみたい。

 

結局、婆ちゃんが爺ちゃんの代理になってお祭り支度に動いているけど・・・

婆ちゃんもシンドイって。

来年は、お神輿を担ぐ人が年々足りなくなるから、お祭りもなくなるみたい。

最後のお祭りになるからって、爺ちゃんは頑張っていたみたいだよ。

なんだか、だんだん寂しい話になってきたから、話題を変えよう~っと。

ちなみに、お祭りの日も実家にいるから、取材できたら報告するょ!

 

あたし達も、ママの実家の近所にだいぶ慣れてきた。

ママは、朝5時に起きて、あたし達とお散歩。

この日も、ママの懐かしい思い出のある道を歩いたよ。

 

イメージ 1


 

この道は、ママが小学校へ通った時の道だって。

昔は、この半分くらいの道幅で、砂利道だったんだって。

 

イメージ 2

 

ここは、ママの幼馴染の男の子の家で、昔は診療所だったらしいよ。

お爺さんが医者だったんだって。

 

この道はね、家の敷地に入る道なんだ。

知らない人は、国道に抜ける道だと思って入っていって、

この家の私道だと気付いて、慌てて戻っていくんだって(笑)

もう診療所の看板も無くなってるから、普通の家になってる。

 

ママは、庭から畑へ続く抜け道を知ってるから、入っていったよ(笑)

すっかり、地元の人になってる。

 

ナスを摘んでた若い爺ちゃんがいたよ。

みんな早起きだね。

 

ママは幼馴染み友達の、お父さんだと思い込んで、丁寧に挨拶していた。

けど、随分歩いてから思い返したみたい。

今の人・・・幼馴染本人だったのでは?と・・

それから一人ゲラゲラ笑っていたょ(^^ゞ

 

 


イメージ 4

 

庭道を抜け出て、また道路に出て、ズンズン歩いていくと、

大きな川の橋で立ち止まって、ママが呟いた。

 

『この川、よく溢れたぁ・・この川で毎年のように子供が溺れて死んでいたっけ。

梅雨から夏は、行くなと言われた場所なのよ。

それでも、よくここで遊んでいたっけ(笑)』

 

ママが遊んでいた場所に到着したよ。でもね・・


 


イメージ 3

 

涼しそうだったけど、あたし達も遠慮したの。

ママがフリーズしたら帰れなくなるもん><

ママは、このあと婆ちゃんのお手伝いをしなきゃ、だから。

 

ではまたね!

 

 

--------------

実家へ滞在しながら、早朝散歩で、懐かしい道を歩いています。

この辺りも、昔より遥かにスッキリしていました。

前方から誰が歩いてくるか、直前にならないと解らない、

葦と木の葉がトンネルをつくっていた道。

先の見えない、長く怖い道に思えていたけど(笑)

今では、先の先までよく見えます。

 

私は、ミ○ズが大のニガテですが、

子供の頃は、足元など気にしなかったのでしょうね。

まっすぐ前を向いて、鬱蒼と葉の茂る川沿いの道を歩き、

あの雑木林に入って遊んでいたのです。



今では、足元ばかり気になり?・・(笑)

 


関連記事
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR