主 now The きく♥みみ&たび 2010年07月
FC2ブログ

きくがお菓子を宣伝していますょ


イメージ 1


 

と、こんな画像を編集して用意していたら・・今日は久々に30度を下回り、26度。

本日は雨&曇りで、涼しく感じます(^^ゞ

気になるのは、黒い雲がチラホラ・・

 

*☆*――*☆*――*☆*

 

それはさておき、

今は、ツルリと綺麗にカットしてしまったきくの耳毛ですが、

短くした理由のひとつに、こんなこともありました。

 

いつでしたか、お菓子のCMにきくが起用されまして・・

その時の写真(プロが撮ったのょ)↓これ見て、

写真で見る、この耳毛はヘンだな・・と思いました。

動きがある時は、フワっとして、それなりに可愛いく思っていましたが。

 

イメージ 2

 

きくの目は、とっても可愛いです。

犬好き仲間にも、キュートなシュナだと言われます(笑)

 

可愛いのに、こんなにリアルに撮影されると・・・

やっぱ、カットがヘンだとしみじみ。残念><

耳毛はバランス良く伸ばしたほうが無難だと確認できた。

 

そう思ってから、この夏は、バッサリ切りました、

という理由もあり。

 

*☆*――*☆*――*☆*

 

 

で、話を戻しますが、お菓子のCMって何?と興味をもたれた方、


帰省で羽田空港■第2ターミナルを利用されることがあったら、

ぜひ、探してみてください(笑)

 


東京銘菓【東京プリンサンド】(新商品)というお菓子の売り場に、

たぶん、この写真があると思います。

どんな状態でお披露目されているのか(他の商品のPRに埋もれて目立たないか?)

私は見ていないので解りませんが、いつか見に行く予定です。

(いつまで掲示してるのかも解らないので、見れるかな・・)

みみも映っている動画も撮られたので、登場してるかもです(笑)

 


へぇ~、きくがモデルに?

 

いえね、旦那の仕事繋がりで、突然舞い込んだ話で(^^ゞ

これっきりでしょうが、良い記念になりました(笑)

まぁ、こんなこともあるならと、カットは・・

たまにはプロに任せて、バランスを整えないとかな~(笑)

関連記事

チップス大好きな、耳坊主&薄毛ちゃん



いつのことでしたか、忘れましたが・・

ちょっと前に、きくは、サマーカットされました。

別名、耳坊主!

カットしたのは、この私(^^ゞ

いゃあ、かなりスキンヘッド並みのボディ&イヤぁー(^^ゞ

*☆*――*☆*――*☆*

きくのオカッパ頭は、夏休み♪

今は少しでも涼しければいいね♪

 


イメージ 4

 

きく 「わたしは、男のコに間違われなきゃ、耳坊主でも何でもいいのです~」

 

うん!きく、大丈夫よ!

その長いまつ毛は健在!

前よりシュナらしい気もするよ(^^ゞ

でも、耳の毛は、また伸ばそうね(笑)

*☆*――*☆*――*☆*

 

 

さて、本日はこれです、↓簡単ポテチ作りセット

TVで見て、欲しい~!で、手に入れました↓

ソレをご紹介しつつ・・2ワンの様子を(#^.^#)

*☆*――*☆*――*☆*

 

オモチャのようなモノですが↓、我が家ではヒット商品となりました。

ジャガイモでも、さんざん作ってみましたが、

やはり、きく&みみの好きなサツマイモがウケています。

 

スライスして、レンジで4、5分で出来上がります。

カリっとなれば美味しいもので。

 

2ワンはチップス大好き!

レンジの見える位置で待っています(笑)

 

イメージ 1

 

サツマイモ、3分の1で市販の一袋分くらいが出来上がります。

 

仲良く頂きますが、ここからが面白いのです!

悪趣味とか言わないでネ(笑)

 

イメージ 2

 

きく、みみ、きく、みみ・・・きく、と言いながら、

私が、1枚づつ手にとってあげていると・・

きくにあげてから、ラスト1枚になりました。

(これが楽しみで(^^ゞ)

 

当然、次の最後の1枚は、みみの分ですよね(笑)

 

私が手に取らないで、みみに『どーぞ!』と言うと・・

みみは、身を乗り出して皿を見ますが、なぜか食べません。

 

自分が食べていいことは解っているはずなのに。

 

なぜでしょう?

1枚しかナイから?

 

ガッツキのみみっこ、

自分の皿に盛られた食べ物は、あっという間にたいらげますが、

ひとつの皿で出た物が、ラスト1コになると、

自分に差し出されても、なぜか戸惑って食べないのです。

 

その、戸惑ってる顔が、また愛らしい。

 

きくの分がナイ、と思うのでしょうか???

『どーぞ!』と言われたら、ノリが変わるのでしょうか?

 

見ていると解るのですが、きくは(頭がいいので、順番を覚えていて)

次はみみの分だからって、みみが食べるのを待っている様子です。

 

実は、ラスト1枚の下に、もう1枚ありまして。

 

それを見せると・・

みみの目が、キラリーン!

あるじゃん!てな顔!↓

 

イメージ 3

 

みみったら、きくに話かけるようにして、


『きくちゃんの分もあるから、あたし、食べていいよね?』ってそぶりで、

今度は安心して食べ始め・・(笑)

 

きくが、呆れて眺めている様子、写真で解りますか。

写真を撮る間も、きくは動じませんから(笑)

みみが食べても、自分は手をつけず、見ています。

 

こんなふうに、オヤツを前にした2ワンの姿が、

とても愛しくて、可愛らしいのです。

みみの、無邪気さ&きくの、みょうな落ち着き。

 

もっと沢山つくって、オナカイッパイ食べさせたいけど、

与えすぎてはダメ!でしょう?

この仔たちの健康のため。

そこは私も耐えなきゃです(笑)

 

ああ!なんという可愛らしいヤツら!

こんなに美味しそうに、こんなに楽しそうに、

有難そうに食べてくれるなんて!

 

たった4,5分の手間で、

こんなに幸せな気分にさせてくれるなんて><


 

2ワンの

『ママ、美味しいよ!有難うね。また作ってね』

って声が!

聞えてくる気分になります。

 

パパ殿も見習えょ!ってか?(笑)

 

ところで、きくは、

自分の皿以外の皿に盛られたモノは、

私の手からでないと、食べません(^^ゞ

それも、なんちゅうか・・変わってますよね(笑)

 

ま、早い話が、どちらも解りやすい性格が個性的でもあり、

可愛いっつ~か、面白いコたちなのですょ。

さて、今日も一日頑張ろう~♪

関連記事

梅雨が明けて、もう猛暑!


みみ、ヒトリ散歩の様子です。


それほど気を使わなくても大丈夫な感じで歩いてくれました。

抜糸は24日を予定しています。

昨日まで、おナカがユルユルのミミッコでしたが、

今朝は、いい感じのコロッコロ(笑)



イメージ 3

゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜


なので、昨日から、きくと一緒に散歩再開♪

この暑さで、散歩は日暮れてからですね、

夜も気温は高いですが、

アスファルトは冷えます。


゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜


みみと遊べない時間、

きく、羨ましそうに眺めていました(笑)

(このあと、きくはトリミング。今、丸坊主です)





イメージ 2


きく、お水の中に入りたい?


では!

去年は殆ど使用しなかったクールベストを・・・。

イメージ 1


暑いけど快適そう♪

もちろん、エアコンは自動で動いています!

梅雨が明けて、すぐに猛暑だなんてね(^^ゞ


この暑さで成田空港の飛行場のアスファルトがヤワくなって、

飛行機のタイヤが滑走路面のわだちにはまったそうな・・。

恐ろしや、猛暑・・


皆さまも、お体にはくれぐれも気をつけて下さい。





関連記事

梅雨の晴れ間に

愛犬と散歩中に見かけました。
我が家のノノちゃんと同じ柄の、
外猫さん親子。子猫の季節?



離れているから、良く見えない。
ソロソロっと・・写真を撮りまして、良く見ると、
あ、お乳を飲ませてる~。

み~んな、お母さん似(笑)
可愛い!

子猫の季節?

もっと良く見たくて、
【とまれ】の【ま】の字まで接近(笑)

母子猫

あ、お母さん猫が起き上がった!
これ以上は近づいちゃダメ!って顔してるよ。

カメラをズームにして・・

ね?可愛い!!↓

母子猫

ね?
可愛いすぎる!!↑
関連記事

痛さも忘れる寂しさ


関東は、今日で梅雨が明けるそうです。


ここ数日は、日本中が水浸しになっていた気分ですね。

地方に住む友人のご近所が床上浸水という話を聞きました。

友人宅は、1Fが車庫なので、家屋に被害はないそうですが、

『被害が大きい所はニュースになってるけど、うちの方もヒドイもんよ(^^ゞ』


そんな話を聞くと、悠長に愛犬散歩の記事を書くのも、気が引けます><

が・・、それはそれ、これはこれと気持ちを切り替えて、

・・ごめんなさい。
今日の我が家の小さな出来事を書きます。


゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜


今朝も、みみが寝ているタイミングで、

きくだけ散歩
をしてこようと、

コソっと出ようとしたら、
みみに気づかれてしまいました。


みみは、まだフードも水も、通常の半分以下の食欲で、

口元にもっていかないと、食べない状態です。

トイレ以外は動きたくない、状態。


なのに・・みみ、むくっと起き上がり、シッポフリフリ、

いそいそと玄関へ。

あれ、やけに嬉しそうじゃないの(^^ゞ

でも、お留守番しててね。



みみを押さえながら、玄関ドアを閉めました。

すると、クーンクーン、クーンクーンと、子犬が鳴くような声。

それがまるで、おいて行かないで!って鳴いてるみたい。


クーン、クーン

(ママ~、ひとりにしないで~。あたしも行く~)


哀しげで、か細い声が、外へ出ても耳から離れず・・

と思っていたら、なんと!

空耳ではなく、マンションの外にも、漏れ聴こえているじゃぁないですか!


窓は閉めているのに。

大声で吠えているわけじゃないのに。

あんな、か細い声でも、犬の声って響くのね・・大きな発見。

とにかく、急いで行ってこよう!

イメージ 1



外に出て、約18分で帰宅!


マンションの下に戻ると、みみの声はしていませんでした。

ほっ。


玄関のドア前に立つと、

みみ、気付いたらしく、

玄関に来て、クーンクーン。


ドアを開けると!


まぁビックリ!

ものすごい力で私に抱きついてきましたよ!><

二本足で立ち、おなか(傷口)も伸ばした状態で!


そして、しゃべるように鳴きだして、

訴えること、訴えること!

みみ

『ママは、あたしを置いて行った~><

えーん、えーん』


そうとしか聞こえない鳴き声なのですよ(笑)


みみは、2本足で立ち、私に抱きついたまま、

頭を強くこすりつけて鳴きました。


おお~><

私はなんという罪作りな!><


みみ、

そんなにおなかを伸ばしたらヤバいって!

イタイはず・・><


みみ、

お座りして、オスワリ!

解ったから、ね、お願い!オスワリ~!

とハラハラしながら、座らせて。


みみ、

ごめんね、ごめんね、

の気持ちでいっぱい。


こんなにも、寂しがるなんて・・

やっぱり、寝てる時に、こそっと出るべきだった><


常日頃から、ベッタリ一緒に過ごす日々に慣れさせておいて、

なにも弱ってる時に、ヒトリ留守番をさせることはなかったわ・・

可哀そうなことをしたわぃ・・。
゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜




午前中に焦って行かなくても、

お天気はそれほど崩れず、午後になりました。

外は、不気味な感じの突風が吹いています。

夏一番?(笑)


夕方になった今、

きくは部屋の真ん中で、満足げに寝そべっていますが、

みみは、私の足元で寝ています。

あれからずっと、私を監視しているかのようです(笑)


PCデスクに向かい、椅子に座っている私ですが、

私の足先が、みみの背中と触れています。

私が足を動かして、みみの背中から離すと、

みみも動いて、また私の足が触れる位置で横になります(笑)

どこか、私に触れていないと不安なのでしょうか(^^ゞ


みみって、こんなに私のこと好きだったかなぁ。

ますます可愛いみみっこ、です(笑)


゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜
そんなこんなの日々ですが、

きくみみの姉妹喧嘩が休戦中は、

趣味の針仕事?も順調に進んでしまうのでした。



イメージ 2




きく 『ママは、お部屋でしか着れない服ばかり作ってます(^^ゞ』


関連記事

きくヒトリ散歩

みみは、今日も殆ど横になって過ごしました。

起きると、縫い目を舐めてしまうので、

ネッカーと、ゆるゆるのハラマキをしています。


イメージ 1



そういえば・・

喧嘩をふっかけていたきくが、みみのそばから離れません。

からかうこともなく、見守っています。

心配で心配でたまらないみたい(^^ゞ

病気じゃないってこと、きくに伝えたい。


とても静かな2ワン。


*☆*――*☆*――*☆*


久々の、きくヒトリ散歩。


きくが、とても軽快に歩くことに驚きました。

きくは、いつも、

みみの、タラタラ歩きに、

付き合っていたのですね。



イメージ 2

時に、自分もタラタラを楽しみながら。





2ワンが30分かけて歩く道を

きくヒトリでは、7分で通過。


黙々と歩く、きくヒトリ散歩。

きくも、早く済ませたかったのかな(笑)

関連記事

絆、という花言葉 -ヒルガオ-

激しい雨が降った翌朝の晴れ間に、愛犬の散歩。
ふと見れば、道端にヒルガオ。



014




片手にリード、片手にカメラでは落ち着いて撮れません(^^ゞ
愛犬が、ちょっと立ち止まったすきに撮りました。



016




綺麗な淡いピンクですね。
青紫のヒルガオは、ノアサガオと言うそうです。



それにしても、大輪のアサガオは観賞されるのに、
小顔のアサガオは、雑草扱いとは(^^ゞ
015





ヒルガオの花言葉は、絆、だそうです。

そんな感じで繋がっていますね。
*☆*――*☆*――*☆*



そうそう、またまた先日の雨風で、バルコニーの(雨避けスペースにも雨が吹き込み)
カラカラに乾いて休眠していた株の土が湿ってしまいました><。
あわてて置き場所を変えましたが、台風がきたらアウトだと判明(^^ゞ
今のうちに置き場所を変えるか、なにか手を打たないと・・・。

関連記事

みみ、避妊手術終了♪


土曜の夜、みみの避妊手術を済ませました。

 

手術は午後8時から始まり、術後2時間で引き取りに行きました。

麻酔は、口にあてっぱで酸素吸入をさせるような感じの、

ガス式というのでしょうか、それを嗅がせながらやったそうです。

液体の麻酔注射じゃないのですね(^^ゞ

 

なんと!

先生が、みみから摘出した子宮を見せてくれました><

あえて切除した子宮を見せ、説明しておくことがあったそうで!

 

素人でも解るほど、子宮の大きさが、左右非対称でした。

 

私が、片方だけ腫れてる!これは病気?と思った方は、正常な大きさで(^^ゞ

短くて小さい(ヒレのような)方が、成長していない状態だったそうです。

これでは、仮に子犬を望んでも、妊娠しにくいか、流産するか・・

 

やっぱり、手術して良かったんだ!

と思うようなことを言ってくれました。

(うちの場合、ですよ)

 

説明するだけでも良かったのに、わざわざ証拠を見せられて(^^ゞ

かなりビックリでした。

 

 

 

手術した当日。

イメージ 1

 

しかも、センセったら、キッチリ縫っておいたから、大丈夫!

ホータイはしないほうがいいって(^^ゞ

そのまま帰っていいみたいな感じで(^^ゞ

 

これじゃ怖すぎますって言ったら、タオルを巻いてくれましたが、

『これは、長くて2日間くらいで外してね』と言われました。

 

帰宅後、6時間は様子をみることに。

 

通常、朝、手術をすれば、その日の昼過ぎ、

昼の手術なら、その日の夕方まで、

先生の手元においておきますが、

日中の手術の予定(予約)がイッパイで、

夜でもいいと言ったのは私達。

 

先生も、夜中の3時まで確実に起きているから、

様子が急変したら、すぐに連れてきてね、と。


異変がなければ、呼吸も安定、

このまま朝まで寝ているでしょう、と。


ありがたや~!

 

みみ、帰宅したその晩は、眠り続けました。

 

昨日、2日目。

 

ほとんど動かず。

名前を呼んでも、ウツロ気味。

尻尾は固く伏せたまま。

 

あの、元気なみみはどこへやら。

 

まさに、ブロ友のhamawanさん宅のチロルちゃんの時状態。
すでにhamawanさんの体験談を読んでいたので、


冷静に見ていることができました!(hamawanさん、有難う!)

 


こんな状態に初めて直面していたら、恐ろしいはずです。

猫の避妊手術後は何度か見ていますが、

猫は、こんなにグッタリしないです。

ののチャ猫は、術後2日間入院して帰宅、

すぐにバルへ隠れてしまい、なんと一晩そこで過ごしたほど。


 

先生は、激しい運動をしない限り、自力で動くぶんには、

部屋の中を歩かせて良いと言ってました。

傷口をなめさえしなければ、普段と変わりなく、

きくがちょっかいを出さなければ、ケージに入れなくてもヨイと。

たぶん、2,3日は、歩かないかもね、とも。

 

イメージ 3


 

あの、ガッツキのみみが、

何も食べないことを不思議に思う、きく。

 

2日目も、まったく食欲なし。

水も飲まず。

トイレにも行きません。

名前を呼んでも、振り向かず><

(むやみに、呼ぶな、って(^^ゞ)

ほとんど、動かず。

 



イメージ 2

痛そう・・

たぶん、ズキズキと痛いはずょ・・



 

先生にも、この2日間くらいは、飲み食いしたがらなくても、心配するなと言われていたので、

様子を見ているときは、ネッカーをはずし。

Tシャツやタオルを巻いているのは、冷房が効いてるからです。

なんせ、外は熱帯雨林のような空気が><

エアコン無しでは過ごせない><

 

夕方、選挙から戻ると、みみが!

きくと、いつものように、玄関まで来て、

尻尾をふって、出迎えるじゃないですか!(涙)

そして、救急車のサイレンが鳴るとシャベリ出すときの言葉で、

哀しげに、ゥグー、ゥグーと鳴いて訴えるので、ウルウル><


 

おなかすいたの?

 

その時、買ってきたパンを少々食べ、すぐにまた横になり、

眠りました。

気がつけば、昨日から、お水を一滴も飲んでいない!

 

薬を飲ませるとき、水を多めに飲ませました。

 

*☆*――*☆*――*☆*

傷口は、綺麗に乾いています。

 

イメージ 4

 

たまに、起き上がり。

傷口をなめないよう、見張ります。

 

イメージ 5

 

今朝は、トイレに行って2日分のオシッコをしました。

 

*☆*――*☆*――*☆*

 

今朝、食欲が出たらしく、普通のフードを通常の半分くらい食べました。

確実に回復へ向かう治療の介護ほど、

こんなに安心できることはありませんね。

ホッとしています。

 

みみ、痛そうだけど、もう少し我慢してね!

関連記事

カミングアウト -母の涙-

ちょこっと、書きたくなりました。

またまた長い話で、ワンコには関係ない話ですが。

自分のこと。

雨音を聴いていたら・・子供の頃の、こんな日を思い出しました。

たぶん、ホロヨイで書いていますから・・意味不明で語ります(笑)


イメージ 1

行きつけのライブハウスにて

(常連客のカメラをマイカメラで撮影してきました♪)




゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜


それは、かれこれ40年くらい前の、初夏の出来事でした。

私は、7歳か8歳?

あり?

・・ま、いっか(笑)

゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜ 


近所に、

大雨が降ると川のようになる農道が、

(ジャリ道とも言う?)

ありました。



私は、その水溜りを見るのが趣味でした(笑)


2つ下の妹を誘って、水溜りを見に行き、

海みたい~!とか、川ができた~!とか言って、

ジャブジャブ入って歩きまわり、

時に妹は、転んで服を汚すので、

私は泣いている妹を庭先まで送り届け、

そのあと、仲良しの○子ちゃん宅へ行ってしまいます。


ホトボリが覚めた頃に帰宅、

しても母に叱られていましたが(^^ゞ


゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜
イメージ 2


初夏、ある大雨の日。


昼過ぎ。

小学校から帰ってきて、茶の間(居間)を見ると、

母と2つ下の妹と赤ん坊の末妹が寝ていました。


私に気付いた母には、

『○子ちゃんちへ行ってくるね~』と言い、

雨は降っていましたが、雷は遠くへ行ってしまったので、

例の川の道(田んぼ道)へ出かけました。


○子ちゃん宅とは逆のほうです(^^ゞ


例の場所が見えてくると、

田んぼと用水路と道路の境が解らないほど、水が溜まっていました。

えらく感動しました。

楽しい!
まさに、海じゃん!


(当時は、湖を知らない子供で(笑))))


喜んでヒタヒタと水溜りを歩き回っていると、

浅い用水路から田んぼへ水を送る、

半分は埋まっている土管の上を歩いてしまい、
滑った拍子に膝をつき、
軽く膝小僧をナナメ切りしてしまいました。


膝小僧にジワっとナナメ一筋、

流れた血液が、水面にゆらゆら広がりました。

その様子を見て、痛さより恐怖が!

その恐怖とは・・


なぜか、痛めた膝を振りながら家路へ。

血を振り飛ばす動作、だったのでしょう・・

子供なりに考えた意味のある動作だったと記憶しています。


痛さを忘れ、膝を振っていたのは、

雨で血を流し消し、怪我をしたことを母に内緒にしようと思った、

私らしい浅はかな知恵が働いたのでしょう(笑)


しかし、雨の中、おかしな歩き方をしているから、

バランスを崩し、また転び、膝をかばう格好で、

今度は全身ズブ濡れに><

(下着まで濡れると、なぜか泣けてくる心理状態が、子供にはあるそうです)


これじゃぁ、隠せない・・><

内緒にできない恐怖。


涙が出たら、もう堪えようがないです。

大騒ぎしながら、家に駆け戻り、ようやっと玄関へ。




『おかぁさーん!来て~!滑ったの~。

足、切っちゃったよ~!おかぁさ~ん!早く来て~!

早く~!血が出てるの~。おかぁさ~ん!』




母、何事ぞ!と、赤ん坊の末妹をダッコしながら、

急いで玄関へ来てくれたけど・・


2つ下の妹が!騒ぐ騒ぐ(^^ゞ




『あー!お姉ちゃん、あそこの海に行ったんだ~。

お姉ちゃんが、転んだ~(笑)キャッキャ!』



『お母さん、・・お父さんには言わないで』



『言わないでって?・・○子ちゃんちに行くって言ったでしょ?どこで滑ったの』






『・・○×さんちの田んぼ道で・・』



『!・・・』



『だから、ごめんなさい・・って。ねぇ、膝が痛い><』



『お母さんにウソついたのね・・この雨の中、またあそこへ行ったのね・・。

雨が降ったら、行くなって言ってたのに。

危ないって言ってるのに、あんたは、お母さんにウソをついて行ったの』


母もまた涙目になり、
しかも、見たこともないような、鬼のような怖い顔に。


母の手当てを受けながら、私、再び恐怖





『まったく・・何度言えば解るのかしらね・・

あそこの用水路で死んじゃった子もいるって、お父さんが言ってたでしょう。

お父さんの子供の頃の話を何度も聞いてるのに。

それにね、溜まった水溜りは、汚いのよ。

トイレの中に足を突っ込んでることと同じなのょ!


当時は、汲み取り式トイレのお宅が多く、

農家には、外用トイレもあり(^^ゞ


古風な簡易トイレのような感じ。

確かに、水が入れば溢れそうだった。


傷は浅く、消毒して、暫く押さえていると血が止まり、

当時は、どこの家にもあった?赤チンキを塗っておしまいにされました(^^ゞ

(原始的~(笑)))




美月、今夜こそ、お父さんに報告するわ・・。

何度言っても・・私じゃ・・
お母さんじゃ、ダメなのね・・。
よく解ったから。

お父さんから、もう一度、叱られなさい』



『え?もう行かない・・・ごめんなさい。・・、だから、言わないで』



『今夜は、お父さんに言う。ウソツキはね、お母さん、庇いきれないから

ガーン・・




ダッコされていた赤ん坊の末妹は、

突然オザブに寝かされたものだから、始終泣きっぱで、

母の剣幕に圧倒された、2つ下の幼い妹も泣きだして・・
私も言い知れぬ恐怖で泣きました。

言い知れぬ恐怖とは・・
父へ報告すると言われたこと。


そうです、すべての恐怖は、

そこに落ち着くのでした。


この世で一番怖い存在だった、父親への恐怖。

恐れていたのは、母も同じ・・。

母だって、タダじゃすまないことは解ってるはず。

なのに、父に言いつけると言った母。

忘れられない、この時の母の涙目。

地震、雷(豪雨含)、火事、親父・・


母は、私を叱ったあとは、いつもの穏やかな母に戻りました。


夕食の支度をする母を見て、私はメイッパイお手伝いをして、ご機嫌を伺い、

帰宅の遅い父より先に、楽しくオシャベリしながら母子で済ませ、

いよいよ寝る時間になりますと・・


妹と、寝床へ行こうとした私を呼びとめた母。

『美月は、お父さんが帰るまで、起きていなさい


お母さん!ホントに言いつけるの?

夕飯の支度、手伝ったのに!><

忘れてくれなかった・・どうして><。



母は、末妹を抱いて、妹のいる寝床へ・・

私は茶の間でずっと起きていました。


家の裏手の道を車が通るたびに、

全身を耳にして、

父の車ではないか、うちの車庫に入ってこないか・・

聞き耳を立て、

いよいよ、父の車が車庫に入る音を聞いた時は、

血の毛が引いて行きました。


玄関の引き戸を開ける音、

靴をぬいで、廊下を歩いてくる音、

そこで私は立ち上がり、茶の間に来た父と目が合い・・

父の顔を見た瞬間に、涙が・・
ゲリラ豪雨のように流れ落ちました。


は、起きていた私に少し驚きながらも、出迎えた母に鞄と紙袋を渡しながら、

『なんだ、美月、まだ起きていたのか?・・ん?どうした?』と。



『すみません、起きているよう私が言いました。

お父さんとの約束を美月がやぶってしまって。

あの用水路にひとりで行って、遊んで転んで膝小僧をぶつけたんですよ。

お父さんから、もう一度注意されないと、解らないみたいで・・』



『ふーん・・

美月、お前は、お母さんに黙って行ったのか?

大雨が降ったら、行ってはいけないと、お母さんも言ったはずだ。

お母さんに、何も言わずに一人で遊びに行ったのか?

それとも、お母さんは、お前を止めなかったのか?』

母が何か言おうとしましたが、

父は『お前は黙ってろ!』と一言ピシャリ!




『お母さんには、○子ちゃんちに行くと言って・・。

本当は、水溜りを見に、田んぼへ行きました・・』




その瞬間、ピカッ!と光線が走ったような。

稲妻が!

遠のいたはずの雷が、
のホッペを直撃いたしました。

2発目、往復する直前で、母の手が入り、

『お父さん!娘ですから、往復はやめて下さい!』

すると、父は、母に向かって、

『お前が甘いからだッ!』と。
母のホッペに落雷



『美月!お父さんの話を聞け!

どこのどいつが、大雨の中、洪水してるところで遊ぶか!

(農家の)おっちゃんも、おばちゃんも(外に出て)いない時に、

何が起こっても、誰にも気付かれないんだぞ!』

父は、自分の子供時代から、私が生まれるまでの間に、

あの用水路で亡くなった知り合いの話をしました。

(何度か聞かされた話でもあり)

それは父のビンタが飛んでから10分間くらいの話でしょうが、

子供の私には1分が10分にも思える長さでした。


一通り話終わると、父は風呂場へ。

母も父の着替えを持って、お風呂場へ行ってしまい、

私は頬を抑えてメソメソしながら寝床へ行きました。


緊張で、頬の痛さは感じませんが、すぐに眠れません。

布団にもぐって涙をふいていると、母が来ました。





『お父さんがね、会社の人からお土産を頂いてきたの。

美月の好きなお菓子ね。

少し食べようか。

お父さん、今ね、お風呂だから、

(茶の間にいないから)いらっしゃい(笑)』

は再び布団から出て、母と茶の間に。


『お母さん、私のせいで、ごめんね・・』と言うと、

再び涙があふれてきました。

母も、今度は優しい涙目で言いました。


『美月も痛かったでしょう(笑)

お父さんは、手加減しないから。

お母さんがお父さんにビンタをもらったワケ、解る?

もっとしっかり、美月たちを守れって意味ね、

美月が、大切な娘で、心配だから。

膝小僧を摺りむいたくらいで良かったわ(笑)

もっと大きな事故に逢ってしまったら、

お母さんは、お父さんにもっと叱られるもの。

もう、用水路へ行かないでね。

お母さんのためにも。

美月が約束を破ったら、お母さんも叱られちゃうからね(笑)』


思い起こすと、母は、私を諭す時、必ずや、

自分も叱られるから、自分が叱られないためにも、ヤメテね、

と付け加えていました(^^ゞ

そう・・自分で言いつけて、父に叱らせておきながら、私をかばう人でした・・


この言葉は、私が母を好きでなかったら、効果のないコトバで。

私は母を大好きでしたから、母が困ることなら、やめなきゃ・・って。

今、あの頃の母の歳を超えて思うのは、

当時の母の子育ても・・

ふふふ、なもんだゎ(笑)





『うん・・』

が、楽しそうにお菓子の箱を開け、私に差し出し・・

『お父さんに、ごめんなさいって言っておこう。ありがとう、もね』



『うん・・』


風呂場から、父の、湯を浴びる音が聴こえ、

私は風呂場のドア越しから、父に声をかけました。

『お父さん、さっきはごめんなさい。お菓子、ありがとう。おやすみなさい』



『おぉ~。茜(2つ下の妹)にも分けろょ~』



『うん』

一つ食べて、寝床へ戻りました。

お菓子が食べたかったわけではなく、

子供心に、様子を見に来てくれた母に気を使った気がします。

゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜




10歳未満の子供でも、親に気を使い、安心させようとする行動がとれます。

しかも、子供らしく。本当は、厭で厭でたまらなくても・・。

子供だった経験をしている人は、思い出しますよね(笑)


本当なら、イジケて無視するほうが、子供らしい気もします。

そういう子供らしさも、子供は演じることができます。

あなどれない子供心を大人になると忘れそうです。


゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜


中学、高校時代も、私は何かにつけ、父に叱られることが多く(^^ゞ
娘に手を挙げる父親は最低だ、とか思いながらも、
殴られるようなことをしたかも、と思い当たることも多く(^^ゞ

両親の望む教員になるべくして進学し・・

最大なる親への裏切りは、一般就職でした。

親元離れ、都会での一人暮らしがしたかったから。

その時も、最愛なる母を盛大に泣かせてしまいました・・。

母は、私が嫁に行くまで、精神的苦労が多かったことです。


あれから40年近く過ぎた今、両親は70歳を過ぎ、

昔のような勢いはなくなりましたが・・・。

私は今でも実家へ帰ると父を恐れ、気を使い、今でも母にはウソがつけません(笑)

夫の方が、実の息子のようにナレナレしく接していて、

それを喜ぶ両親を見ていると、羨ましく思うことも・・。


で・・何をカミングアウトしたのかって?

この話からの推定できる私の年齢(笑)

つまらないことです(笑)


あれ、きくちゃん・・みみちゃん・・

仲良く寝てるの?

ほんとの姉妹みたいだね・・

仲良くしてると、可愛くて仕方ない><

こんなふうに、親は子供を愛しく思うのかな・・イメージ 3



明日・・というか、すでに今日ですが、みみ、避妊手術をします。

ご報告は、休み明けに!


じゃ、もう一杯いこ!(笑)


o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。

関連記事

7月のシクラメン -株の様子-

シクラメン農家の人の話が聞きたいっ!
とは言っても、聞いてどうするの?って感じですが・・><
今、夏を越す株は、どんな状態が理想的なのでしょうか、と。

           ゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜

毎年、バルコニーに木陰を作ってくれている、リラ姉(樹齢10年)も、
今年の熱帯的な梅雨はシンドイのです。

なにせ、梅雨のない北海道の、札幌市の花木でしょ・・031s
7月のシクラちゃんたち、こんな状態です。
まず、ダメそうな鉢。
001



よ~く見ると・・
002



ふにゃふにゃに柔らかいもの、
カビが生えたもの、
陥没してしまったもの、
萎縮してしまったもの・・すでに処分しました><

なんとか、生きている株は、こんな状態です。
006


よく見ると・・
007株が硬い!
処分した株とは比べものにならないくらい、石のようにカタイです。
花芽のようなモノが、乾燥しきるとポロっと取れたりします。
無理に取る気はありません(笑)
そこから化膿したらタイヘンでしょ(^^ゞ

この時期に、葉をつけているモノもあります。
010
これだけ、休眠しないで夏を越す予定ですが、なんだか、葉が持ちそうにないです。
いっそ、水やりをやめて、休眠させようかなと思案中です。
というのも、置き場所が快適とは言えません。
この蒸し暑い梅雨、しかも、ゲリラ豪雨の時は、横風に煽られた雨が、どーしてもかかってしまい。
かといって、雨風しのげる場所へ移すと、日が当らないのです。
素人には難しいとウワサされている、強引な(水を抜き、わざと枯らしての)休眠・・やるべきか?
でも・・

でも・・

これを見てやって下さい><
012



葉の芽?が出ています!まだ頑張っているのですね。
これも~。
013



なんだか、この小さな芽、枯らされてたまるかッって感じにも思えます><。

*☆*――*☆*――*☆*
7月、8月は、作業という作業はナイのですね(^^ゞ
シクラメン農家のかたは、やることイッパイあるのでしょうが、
自家栽培の我が家は、栽培の参考書と自然に任せるのみ。
ま、素人栽培でも簡単に夏が越せたら、
シクラメンがあんなに高価にはならないでしょうね(笑)

一年草かと思う人もいるのですから、めげずに頑張ろう~。
良かったら↓お願いします。

関連記事
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR