主 now The きく♥みみ&たび 2010年06月

きくみみ物語 -笑うオウマちゃん-


女のコ同士でも喧嘩します!
同じ年ということもあり、体力的にも差がなし。
喧嘩の原因は、なぜか、優等生タイプのきくが、
みみのオキニのヌイグルミをとりあげるような仕草から。
では、その一部始終をご覧ください!


カメラは見たッ!
意外と陰険なきくの性格!

なんちゃって(^^ゞ

、寝てるフリをするきく。トイレへ行こうとした、みみ。

右手に、みみの大のオキニのオモチャ【オウマちゃん】が転がっています・・
このオウマちゃんの胃袋には、笑い袋が入っていて・・
胴体を押すとワーッハッハッハと・・
繰り返し笑い声が聞こえるやつでして・・
早い話が、笑い袋入りのヌイグルミです。

、それを見て、すく~っと立ち上がる、きく。
オウマちゃんとみみを交互に見て・・



イメージ 1

ワーッハッハッハ

オウマちゃんが笑いだしました。



きく 「まちなっ!トイレかぃ・・その前に、コレ、取り返してみなっ」
ワーッハッハッハ
いつもは優しいお姉さんな、きくの様子がヘン。
ワーッハッハッハ

 みみ「あ!あたしのオウマちゃん!返してよ」
ワーッハッハッハ

きく 「いつから、アンタのオウマになったよ、ん?これはね、わたしが買ってもらったの!」
ワーッハッハッハ

みみ「違うよ!あたしがママから貰ったの!きくちゃんは遊ばないじゃない。返せ!返してよ!」
ワーッハッハッハ


みみは、トイレも忘れて取り返します・・

みみの唸り声、聴こえませんか?

ヴゥーブーと、しゃべるように唸っています(笑)

が・・オウマちゃんの

ワーッハッハッハに負けています・・
きくは一言も発せず。


イメージ 2

ワーッハッハッハ


ワーッハッハッハ


からかっていたはずのきくが、本気に(^^ゞ

笑いごとじゃない?撮影中断か・・オウマを取り上げるか・・

ワーッハッハッハ・・


2ワンは、オウマちゃんを奪い合いながら、

ぐるぐると回り始めました・・


イメージ 3
ワーッハッハッハ





大昔の、小学生の頃の国語にあった、『ちびくろ散歩』

じゃなくて、
『ちびくろサンボ』を連想しました。

トラのバターじゃなくて、こりゃ、シュナのバターやん!(笑)
ワーッハッハッハ

しかし、きくは、みみに抑え込まれると、

身動きがとれません(^^ゞ
ワーッハッハッハ

それに、みみは負けそうになると、

大口開けて、

牙を剥くってスタイルに、

変貌します><
ワーッハッハッハ

いかに、内心、きくを恐れているか、

みみの恐怖が伝わってきます。
ワーッハッハッハ




イメージ 4ワーッハッハッハ




この時、↑私が手を差し出すと、

慌てて顔をあげて、口をピタリと閉じます。

なぜか?
ワーッハッハッハ

それは・・

噛んではイケナイものを徹底して教え込みました。
ワーッハッハッハ

人の手と猫。
甘えながらでも噛む仕草をしたら、

アゴが外れるかと思うくらいのビンタを飛ばしました。
ワーッハッハッハ


オウマちゃんがテーブルの下に飛ばされました・・

暫し、笑い声が途絶えました。


あたりに、オウマちゃんの毛が散乱・・。



イメージ 5
ワーッハッハッハ・・

しかし、再び笑い声が・・
ワーッハッハッハ

みみが取り返しました。

こんな喧嘩を1日2回はやってます(^^ゞ

始まりは、いつも同じ。


みみは、どこへ行こうとしたのでしょう(^^ゞ

トイレじゃなかったようですね(笑)


一見落着したようで・・

オウマちゃんは、みみのそばに?

あ、オウマちゃん、真ん中にいる・・イメージ 6


と思ったら、ワーッハッハッハ

みみが脇の下に隠しました。

みみの体、少し浮き上がっているの解りますか?

取られないよう、押さえつけています・・。

ワーッハッハッハ


オウマちゃんは、みみの腕の中で、

痛々しく笑ったあと、静かになりました。






関連記事

きくみみ物語 -お水、飲みたい-


Wow!緑の屋根から木漏れ日が~☆彡

ここ、どこです?


我が家のバルコニーですょ。

イメージ 2



リラの葉が茂って、上段のシクラメンたちには、程よい日差しが。

下段の、休眠中のシクラメンたちは、程よい木陰となっています。


梅雨空の晴れ間に、2ワンたちもお散歩です。

コースはお馴染みの、近所の公園ですが、公園まで20分=往復40分。

公園を一周すると、約30分。

ですから、普段は、1時間ちょっとの量です。


2ワンは、この公園を知り尽くしていて(飽きていて)

その先にある遊歩道を歩きたがります。

遊歩道を経由すると、公園から逸れて、遠回りして帰ることになり、

2時間コースになります。

秋の遊歩道の木漏れ日は気持ちがいいのですが、

夏は、毛虫が落ちてきそうで、怖い!冷や汗ものです。


明日は1日雨かと思って、散歩貯め?で、

園内をぐるぐると回ってきました。

が・・。

゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜


きく

「あ、さっきの猫ちゃん、まだいる!ずっと座ったままだわ(^^ゞ」



イメージ 7

 「おまいらこそ、・・何周してるんさ(^^ゞ」



イメージ 4



みみ

「はは(^^ゞ。動かないね。でも、この道、何回通るのかな(^^ゞ」

きく

「そういえば・・。もう3周目だわ(^^ゞ」

みみ

「今日は、遊歩道へ行かないのかな。

あたし、喉が乾いちゃった・・。

さっき、ママがお水を出した時、もっと飲んでおけば良かったぁ・・」

きく 

「わたしは、しっかり飲んでおいたわ。もう少し歩いたら、また飲めるわょ」



イメージ 6


きく 

「そうそう、ママが言ってたわ・・

梅雨の晴れ間のお散歩だから、歩き貯めしておくって。
ママ~、ここ、何周するの~?」

ママ

「2日分のお散歩だから、あと1週ね(笑)」

きく

「了解!また猫ちゃんに会えるわ(笑)」

みみ
「ひぇ~!まだ、この道を歩くの?同じ道をぐるぐると?

これって散歩のテヌキだよ~。

歩くなら、別の道を歩きたいょ。つまんない!

それに、あたし・・喉がカラカラ。

ママ、お水ちょうだい!お水~!

あたし、こんなに歩くと思わなかったから、

お水を少ししか飲まなかった!まだ帰らないなら、お水、飲ませて。

もぉ歩けないよぉおお><」


ここで、みみ、厭がって歩かなくなる(^^ゞ

イメージ 5

みみ (喉が渇いたょ・・)




ママ

「ま~た、みみは、ダダこねて歩かないのね!

頑張ってもムダょ。ワガママなんだから!

テヌキっていうのはね、みみ、散歩に行かないことょ。

ママはこうして行ってるでしょ!

文句があるなら、留守番してもらうわよ」

みみ

「歩くから、お水ちょうだい!」


ママ

「なに?オヤツ?ダーメ!歩かないコにあげられないでしょ!」

モノ欲しそうな顔で、ママを見つめる、みみ。

きく

「みみ、頑張って歩いて。

今日はね、これから雨が降る予定なの。

遠くへ行って、途中で雨が降ってきたらね、

わたし達が、それだけ濡れながら帰るのよ。

今日は、遊歩道から帰らないの」

イメージ 1




座りこんだみみ、きくも途方にくれながら・・

みみ

「ヤダヤダヤダ!こんな、グルグル散歩なら、

家で、ののチャと追いかけっこしてる方がマシだよ!」

ママ

「解った。みみ、毎回そうやって、突然ストを起こして困らせるのね。

なら、今度の晴れ間は、あんたは留守番ね。

散歩がしたいきくちゃんに、迷惑だものね!

きく、散歩にならなくてごめんね」

ママ、じっと待つきくに、ふいにオヤツをあげる。

(イザという時の為に、ボーロを持ち歩いている)
みみ、フラリと立ちあがり、当然のように貰いに来るが・・。

ママ

「あら、みみ(^^ゞ

歩けるじゃないの!

ママを甘くみないでね、甘ったれさん。

甘ったれは、お家でオヤツ。今はあげないッ」

【お家でオヤツ】とは、【自宅へ帰ろう】という合図のコトバ。
きくは、自宅方向へ向き直り、歩き出し。

みみも、シブシブ歩き出す(笑)


イメージ 3


みみ

「きくちゃんは、欲しいと言わなくても、何でも貰えるね。

今だって、ママからオヤツを貰ったよね。

どうして、あたしは貰えないの。

一生懸命お願いしても・・お水も貰えない。

あたし、イジケるよ・・」

きく

「わたしもみみの年頃は、ママを困らせていたと思うの。

アチコチフラフラ歩いていたもの。

でもね、わたしは、疲れても歩かないってことはなかった・・と思う。

だから、ダッコされて帰ったことは、ないの。

みみは、歩かないでダッコされて帰ったことが何度もあったじゃない?

ママがみみをダッコして歩いている時、わたしは羨ましかったな・・

わたしもイジケそうになったわ」

みみ

「そうだね・・思い出した。そんなこと、あったね。

きくちゃんも、頑張っていたの?」

きく

「そうよ~。だからね、早くお家でオヤツ、食べましょ!」

みみ

「うん」

という会話をしたか否か解らないけど・・
【お家でオヤツ】と言ってからの、みみは、
きくと並んで、仲良く歩いて帰りましたとさ♪

ちなみに、みみは家に着くなり、水飲み場へ・・

足を洗っている時も、
水をたらふく飲んでいました><


歩かなくなった理由は、これかも!と反省しましたょ(^^ゞ

思えば、蒸し暑いなか、2時間以上歩きまわり、

水を飲ませたのは1回だけ><

しかも、その時、みみは他のコトに注意がいっていて、

あまり飲みませんでした。

梅雨の晴れ間のお散歩、
充分な水分補給をしてあげないと、
熱中症になっちゃいますね><
忘れるとこでした(^^ゞ








関連記事

サマーカットで、みみ変身

昨日、この画像の下に書こうと思ったのですが、

話題と異なるので遠慮しました。

みみ、トリミングをしまして・・
イメージ 2

この顔。細い!と思いませんでしたか?

はぃ・・

シュナのトレードマークとも言える、口髭がないのです。

口元、フワっとした感じでもなく、シュナじゃなくて、

なにか別の犬種にも見えます(^^ゞ



口髭、長く伸ばす予定で、切り揃えていたら・・

左右のバランスを見てるうちに、

だんだんと短くなり・・


結局、形が定まらず、いっそカット・・。


イメージ 3


そうですよね・・私が、余計な手を加えず、

ある程度伸びるまで、我慢すればいいこと。


きくの耳のロン毛の時も、挫折を繰り返し・・やっと伸びました。


でも、みみのこの顔は、この顔で可愛いと思いました。

このカットは、失敗じゃないです。

個性的なだけ!




イメージ 1




オチャメなみみが、落ち着いた、優しいワンコに見えますよ。


あ、眉毛?

はぃ・・整えているうちに、いつのまにか消えていました><

眉毛なんか、無くてもいい!


今回のカットは、失敗じゃないです。

眉毛、口元、涼しげなサマーカット。



関連記事

花の写真

白い花を綺麗に撮るのって、難しいです・・ ( ̄▽ ̄)


025


花びらの重なり具合とか。これは、まぁまぁ満足かな(*^-^)


風に吹かれている花を撮るのも、難しいです(*´ェ`*)


021


ちょっと揺れたら・・ピントが!テブレしないカメラなのにね。


うまく撮れないなぁ、と思いながら撮る。それもまた楽し(o^-^o)


゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜
 
 
関連記事

みみ、ごめんね・・


今日は、有言実行の決意を固めるために、あえて記します。

5000字、ギリギリ書きます!

って、今UPしようとしたら、文字数オーバーですって!(^^ゞ


 

早い話が、みみは来月、避妊手術をすることにしました。

 


ブロ友のさくらパパさんが、常々犬の健康管理について、多くの記事を書かれています。

最近の記事にも、【生理後の観察期間 】という記事を書かれて、私もコメントしました。


 

犬の子宮系の話題、私も触れようかと思っていた矢先。

 

というのも、ミミッコのヒートが2ヶ月前に終わったのに、

今月最近、マタマタ、オマタが腫れてしまい・・

 

子宮系の病気かと、勘違いをしたからです(^^ゞ


 


 

イメージ 3


 

 

その勘違いのおかげで、来月、みみの避妊手術の決心がつきました。

 

*☆*――病院へ・・その経緯――*☆*

 

まず、さくらパパさんの記事にコメントしたことで、

ひとつ訂正がありまして、

みみのオマタが原因不明で腫れてしまい・・

これは、昨夜、解明されました(^^ゞ

 

みみの前回の生理は1月11日で、今回、ヒート前ということで腫れたようです。

すみません><

 

 

これ・・

イメージ 1

 

によると・・(^^ゞ

GW前(4月3日~)から生理になったのは、

きく、でした(^^ゞ

 

私は、きく&みみの、母子手帳なるものに、2ワンの生理や所見を書いています。


書けば安心して忘れるヤツでして、きくとみみのヒート日を勘違い><

我が仔の、年に2回のヒートくらい忘れるなって感じですよね・・

でも、交互に2ワンですから><。

 

みみが、子宮系の病気と勘違いした私は、

旦那とともに、みみを獣医に診せてきました。

オマタが腫れるなんて、いろんな病気を疑ってしまいます><

 

*☆*――先生との会話で――*☆*

 

先生は、みみの触診検査をし、まず軽く異常なしと言い、

膣周りの検査もしましたが、膿が出ることもなく、特に異常なし、だと。

 

ちょっとぉ~・・

腫れていて異常なしって、検査に異常ない?

 

先生

『食欲もあり、嘔吐もなし、運動も活発なんでしょ?

なら問題ないね。

体重も安定してるし。口臭もないし、目も綺麗(笑)

どう見ても、病気じゃないよ(^^ゞ

これね、明らかに、生理の前兆の腫れだね。

それ以外、考えられないなぁ』

と。

 

先生は、ついでに、みみの肛門絞りも。

『うん。肛門も綺麗にしまってる~(笑)、特に異常なしね』

 

その絞りだされたモノの、なんと、量の多いこと!

私の絞り(シャンプー時だから、月に2回)で、出し切れていなかった証拠。

肛門絞りが、いまだに出来ない私です><

 

しかし、それはともかく、

不安で仕方なかった私は、

 

『でも先生、仮に生理になったとしても、早すぎませんか?

2ヶ月前に済んだのに、マタ腫れますか?

異常ですょ?


生理じゃなくて、悪い病気の予兆では?

先生、ほんとに何でもないのですか?』

と、つめよってみました・・。

 

そこへ旦那、ツメヨル私で思い出したのか、すかさず、

『あ!ツメ!先生、みみの爪切りも、お願いします!

僕らじゃ、イマイチ、短く切れないので』と。

 

チラリときくを見た先生は、みみの爪を切り始めてくれました。

そして、みみのツメを切りながら、私の疑問に答えはじめ。

 

生理の周期は、早めになることもあるからね(^^ゞ

化膿していれば、ニオイでも解るよ。

例えば、ちょっとした外傷でバイキンが入っても、腫れちゃうコがいるし、腫れないコもいる。

若くて健康な犬なら、その多くは、持ち前の免疫で、自然治癒するものでね。

ま、場所が場所だけに、座れば地面に付くようなトコだからね(^^ゞ

草ッパラに居た虫に刺されたとか・・ありえるね(笑)

散歩コースになってる家の前や、この時期だと、雨水のたまるトコに、

防腐剤や防虫剤や、防臭剤を撒く人もいてね、

それに触れた犬が、アレルギー反応を起こしたり・・

過敏症で腫れるコもいるけど、その場を離れると、腫れは自然と引くものだよ』

 

診察台で、先生と向き合い、大人しくツメを切ってもらっている、みみ。

家では、私が全身を抑えて、旦那が切る・・切るとこは見せないようにして。

それでも、大騒ぎになるってのにね。

 

みみのツメを切りながら、先生は続けて言いました。

 

みみちゃんね、

子宮内に異常も見当たらない(内膜症でもなく)、

化膿している気配もない(蓄膿症でもない)から、

大丈夫。

みみちゃんが、生理不順で、ホルモンのバランスに異常があるなら、薬で治療できるから。

万が一、泌尿器系の病気であれば、すぐに子宮摘出の手術も考えないとだけど、

今の段階では、まだ病気とは言い難いね。

まずは、今週いっぱい様子を見てみたいね。(このセリフは、のちに何度も言う)

それだけの時間的余裕はあるからね。

おそらく数日で生理になるね。

生理にならずに腫れていたら、原因を追及しましょ。

みみちゃん、ツメ切りヨ~シ!』

 


イメージ 2
 



 

私にはちょっと不満が残りました。

膣内検査や、触診だけでなく、しっかりレントゲンでも撮った方が良いのでは?

だいたい、生理だとしても、早すぎるでしょ!

様子を見ているうちに手遅れにならないか?

・・絶対何かの病気の予兆だょ><と神経質に。

でも、先生の診断を疑うようで・・言えずじまい(^^ゞ

 

みみの爪を切り終えた先生、再び、足元にいたきくを見て、

チェンジの合図を看護婦さんに。

 

診察台に乗ったきく、緊張(笑)

まずは、体重を計り、体温を計り、念入りに体中の触診・・骨、四肢、マタ、

そして口の中、歯、鼻、耳の中、目・・

いろいろ診て、『きくちゃんも健康だね!』(^^ゞ

 

それから、きくのツメを切りながら言いました。

 

きくちゃんも、みみちゃんも、ね、

もし、コドモをつくる予定がないなら、

早めの避妊手術をした方がいいね。

いろんな意味で、健康でいられるから。

今は若いから免疫力もあるけど、

このまま出産もさせずに、避妊しないでいたら、

この先いつか、子宮系の病気になる確率が高いよね。

老齢で免疫が低下すると、菌を侵入させやすいし、増殖させてしまう。

子宮内膜症や子宮蓄膿症とか、ほぼ確実に患うだろうからね。

コドモを産ませないなら、予防の意味でも手術を勧めますょ。

もし、他の病気も併発して、その病気のせいで、手術が不可能な状態の時に、

蓄膿症になったら・・ね?治療の選択肢がないって・・どういうことか、解るよね。

な~、きくちゃん、今はどんな病気だって、勝てるけどな~』

 

きくも大人しく爪を切られながら・・聞いているよう(^^ゞ

先生が続けます。

 

僕たちからみたらね、子宮系の病気を発症したコが来ると、

予防のチャンスはいくらでもできたはずなのに、

どうして今頃・・って思うケースが多くてね。

ある時、まだ生後7年くらいの♀犬を抱えて来た飼い主が、

『老齢に入ったから、急に食が細くなったと思っていたら、

吐くようになって・・今日はグッタリ・・慌てて連れてきました』と。

確かに、生後7年あたりは、シニア入りする年齢だけど、

急に食が細くなるなんてことはないよ(^^ゞ

たいていは、子宮に膿がたまっている、子宮蓄膿症でね、

その日のうちに手術しなきゃ助からないって状態でね、

もはや、手遅れな状態と言っても過言じゃないよ(^^ゞ

グッタリした状態で来た時は、その子は子宮蓄膿症を通り越して、

腹膜炎をおこしていることが多いんだね。

すでに手遅れ、という事態でね。

家で苦しませたあげく、病院で安楽死・・


そういうケースが・・意外と多くてね・・可哀そうだよ

 

ガーン・・

 


『てことは先生、今後のことを考えたら・・

頻繁にオマタが腫れたら・・異常ですよね?

しょっちゅう気にしてなめてる姿、見ていて痛々しくて・・

みみは、避妊しますッ!こんな状態、ほっとけないッ!』

 

先生、きくのツメを切り終わり・・肛門絞りをする姿勢に。

 

と、そこで待った!をかけた私。

『ちょっと先生、待って!私にやらせて下さいっ!お願いします!


いまだにデキナイのです!私のやり方、ちょっと見ていてください!』

 

旦那が、エッ?という顔をしましたが・・

先ほどの、みみの量を見て、今がチャンスと思った私!

話は中断。

けど、できるだけ、プロのいるとこで、練習したいじゃないですか!

ちゃんと絞って、スッキリさせてあげたい。

覚えたい!

 

先生 『じゃ、やってみて』

 

しかし・・1滴も出ない・・。

それどころか、きくに「キャンッ!(イタイ!)」と鳴かれ・・。

 


『先生、やはり出ませんね><

どこを押せばいいのか・・痛がってます><

位置がイマイチはずれてますね。

先生やトリマーさんは、どうして、一発で絞れるのですか><』

 

先生は、笑いながら言いました。

 

『肛門絞りには、コツがあるんだよね。

肛門ていうのは、便の出口。そこに溜まった便の粕を取るのだから、

肛門の奥から絞り取る・・肛門の奥、どの位置か解るかな?

ケツじゃないよ(^^ゞ

僕らは、動物の解剖をして、子宮やら膀胱やら・・その位置を見て触ってるからね。

手探りじゃないんだよ(笑)ちゃんと、肛門の、絞る位置を押してるから、痛くないの』

 


『このあたりですか?』と、きくの肛門のすぐ下を指して、位置の確認。

 

先生

『そう。そこを親指の第一関節を入れ込むようにして押し出す!

指の関節が入るでしょ、当たるとこ、あるでしょ?そこ、押して』

 


『ここ?関節が当たる?・・骨?・・ここかな・・う~ん(押す)』

きく「キャンキャン!(ヤメて!ってばさ!)」

 

先生

『ははは。骨じゃないよ(笑)

骨を押したら痛いでしょ(^^ゞ

ココだょ、と言ってもね・・そこを解剖して見せられない限り、的中しないよね(^^ゞ(笑)』

 

へ?解剖して見せる???どういう意味じゃ???

先生の言ってる意味がわからん!

 

先生と私の会話に、旦那、笑いをこらえつつ、

『まぁまぁ、美月はいいから(^^ゞ

とにかく、早く先生に任せて。ちゃんと絞ってもらってょ。次の患者(猫)が待ってるからさ(^^ゞ』

と、猫ちゃんの飼い主に、軽く会釈。

 

私、仕方なく先生にお任せ・・。

先生、一瞬で絞って、おしまいに。

きく、ごめんね(^^ゞ

 

会計が済んで、お礼を言って帰ろうとした私に、先生は患者猫を触りながら、

 

『みみちゃん、敏感肌で、炎症をおこしやすいコかもしれないね。

とにかく、様子を見ようね。

早めの避妊手術をして、子宮系の病気を抑えておいた方がいいかもね・・』

 

私、即答。


先生!やります!これは予兆ですから!後悔したくない!


先生の言う、様子見のあと、避妊手術を!


 

旦那

『そだね、まぁ腫れてるうちは、手術もできないってことですよね?』

 

先生、頷いて

『そぉ。生理が終わってからね(笑)』

 

 

゜・:*☆*:・゜結論゜・:*☆*:・゜

 


でもって、昨夜、先生の診断が的中!

めでたく、ふつーに、生理になった(^^ゞ

しかも、前回が1月なら大いにありえること。

異常でもなんでもなかった><

 

ネットで調べたら、5ヶ月でくることも、大いにありえること。

みみは、確かに健康体。

 

なら、焦って避妊手術をしなくても?

 

いえいえ、避妊手術は決断しました。

健康体の今だからこそ!

昨夜まで、私は悲しい想像ばかり。

でも、今思うと、勘違いして心配して、

決断できてヨカッタ!わけで。

 

ミミッコのコドモの顔が見れないことは、非常に残念ですが、

ミミッコ自身の健康管理上、その方が安全なら、未練はない。

 

そして、きくも、この秋に、縁談話が進展し、それなりの結果が出たら、

(きくにコドモができたら、私は一時、きくとみみを連れて、里帰りですが)

その話が消えても、期待する結果にならなくても、チャンスは1度と決めています。

 

その後、避妊手術をします!

 

o○オマケ:.。..。.。

 

この先、何年かして、もしも、きく&みみの仲間犬が欲しいと思ったら・・

その時は、飼い主に放棄された犬を手に入れる!


シェルター(保健所)で里親を待つコを手に入れる!

愛しき、きく&みみの子宮を取り、母犬にしてあげられなかった私達が、

どうして新しい子犬を買えますか・・飼えますか・・バチ当たりな・・><

 

しかし、私は、シェルターへ行き、コノコがいい!なんて選べない。

だから見に行くことはできないけど、旦那に頼もー!

この記事を書きながら、今、決意!

関連記事

ドラマちっく、観戦中!

東京も、今日から梅雨入りでしょうか。

一日雨模様。


゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜


で、またまた、先ほど、きくがみみにちょっかいを出しました><。

素知らぬふりして、サッカーの試合(デンマークVSオランダ)を観戦している私。


暫く、コロコロと取っ組み合って、転がっていましたが、私は傍観です。

きくに押し倒されるみみ・・突然、起き上り、走り出しました(^^ゞ


居間と風呂場を超特急で往復、4,5回くらい。

距離にして15m?私の足で15歩くらい(笑)(直線距離じゃないですよ)

そこを行ったり来たり!

みみが狂ったように走り、きくが焦って追いかけ、ま~ドタバタと・・始まりました。


追いかけっこ・・きくはみみを追い越せず、止められず、

何度もすり抜けられて、とうとう諦めてしまい、

きくはみみを追うのをやめました。


すると、戻ってきたみみが、私の膝の上に乗ったのです!

イメージ 1



ちょっと見えにくい画像ですが、みみが乗ったので移動できず、

テーブルの上に置いてあったケータイで、素早く撮りました。


きくは、なぜか、私の(みみの)そばに来ません。

距離をおいて、じーっと、みみを見ていました。

みみも、きくを見ています。

これは珍しいことで。

だって、私の膝の上は、きくが乗る決まりで、みみも認める、きくの指定席なのです。

私がみみを抱き上げて乗せない限り、みみが自ら膝の上に乗ることは、ないのですよ。


ああ!なんというドラマちっくなシーン!


きくは、何を遠慮しているのか。

なぜ、見つめあっているのか。

フタリの気持ちが知りたい!


みみは、私の膝から降りようとしませんでした。

その後ろ姿は、きくを見降ろす、自信に満ちた項(うなじ)でした。


これって・・どう解釈すればよいのでしょうね。


みみは、きくがウザくて、私に救いを求めて、膝の上に避難したのか・・

追いかけっこで勝利し、私の膝を獲得したのか・・


いかようにも解釈できる、戦の後であります(笑)


とにかく、私は、そのまま・・様子をみていました。

こそっとケータイで写真を撮ってしまいましたが。


きくは、ふん!という感じで、テーブルの下にもぐってしまい、姿が見えなくなりました。


テーブルの下の、どの辺にいるのか、私からは見えませんが、

私の膝の上に居る、みみからは見えているようです(笑)

しきりと、足元を見つめ・・


私はここで初めて、みみに話しかけました。

『みみ、きく姉は、イジケたのかな?』


すると、みみは、ひょいと私の膝から降りて、窓際へ。

向かい側にあったクッションを咥えて、私を見ながら、狂ったように、右に左に振り回し始めました(^^ゞ


あたかも、ストレス解消を見せつけるみたいに~。


イメージ 2



テーブルの下には、きくがいます。

イメージ 3



ひとしきり、振り回すと・・

顎をのせて、・・休憩?

たぶん、みみの正面には、きくがいます。

と思って、

イメージ 4



テーブルの下を覗くと・・


なんと・・


きくは、テーブルの下の、一番私に近いとこにいました。


なんと、いじらしい、きくじゃありませんか!><


向こうに見えるは、みみ。

しかも、私を見ています。


この距離は、いつもと同じです。

が、きくは、まだ私の膝に乗って来ない・・


私のそばに、きく。

きくの隣に、みみ。

この距離間に戻した、みみでした。


そうか!

みみも、ある意味、私の膝の上に乗りたかったけど、

乗ったら乗ったで、きくの前では、落ち着かなかったのだろう。

そんな気がしてきましたよ。


私って、なんと可愛いヤツらと暮らしているの(笑)


サッカー?

現時点では、前半、オランダが勝ってます(^^ゞ


でも、今夜は、きく&みみの対戦を見る方が、

ドラマちっくに思える私です(^^ゞ


゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜





関連記事

喧嘩する今日この頃

我が家の2匹のシュナウザー、きく&みみが、

最近喧嘩をするようになってしまいました。
驚いたことに・・喧嘩を売るのは、きく、なのです(^^ゞ

素直で賢いきくは、いくらで売っているのでしょうか?

みみは、お金もないのに買っています。
私は、時に、仲裁に入り、

その後、フタリが仲良くオヤツを食べている姿を見ると、

解せません。


喧嘩の原因は、何なのでしょう



権力争いでしょうか(^^ゞ

陰のリーダーは私なのに(^^ゞ
いつもは、こんな感じ。

反対向いていても、仲良し。


イメージ 1
頭ひとつ、みみの方が大きいです。





2ワンは、吠えこそしませんが、低い声で唸りあいます。

フタリ仲良く寄り添って寝ているかと思えば、

突然、きくが起きて、みみと取っ組み合い(^^ゞ

みみの、ウニャウニャ唸る声だけが聴こえてきます。

ヤメテ、イヤダ、にも聴こえます。


いつもはこんな感じ。
きくが先頭。
イメージ 2
けど、最近は・・
きくの後ろになると、ダダッコになる、みみ




黙々と喧嘩をふっかけるきくは、きくじゃないみたい><


私の、コラ~!やめんかい!の一言で、きくは止めますが、

止めないと、喧嘩をふっかけた、きくのほうが負けそうなのです。

というのも、みみが本気で怒ったら、怖いと思うのですよ。


みみは、ボール遊びをせずに、ガムをかじって遊んでいますから・・

噛むアゴの力は、きく以上に鍛えています(^^ゞ


たまに、こんな感じ。

この、踏ん張る力も強くなってきました(^^ゞ




イメージ 3
あっちヤダ!と思ったら、
必死こいて行かない・・





きくは、自分が負けると解っている喧嘩なのに、

どうしてチョッカイを出すのだろう。

負けたら、みみが上になるのに。


私はきくのプライドを守るために、仲裁に入ります。

けど、当人達が納得するまで、やらせてみるべき?

なんてことも思います。



ふと、思い出しました・・
イメージ 6


きくは、みみのようにダダをこねたことが、
今まで一度もナイって
イメージ 5
でもね、みみ

きく姉は、『もう行くよ!』と言えば、すぐに移動するの。

みみは、あんなふうに頑張っちゃって動かないでしょ?

どうしてママの言うこと聞かないの?



みみって、きくから見たら、ナマイキな妹?(笑)



きくは、みみに、カツ!とか入れているのでしょうか?


*☆*――*☆*――*☆*

犬の喧嘩、小型といえども、

ホンキを出したら素手では止められないですよ。(^^ゞ


みみが来る前、きくとランへ行って、

喧嘩になった小型のワンコたちを見ました。

半端じゃなく・・恐ろしい光景でした。

最初は1:1で始まった喧嘩。

あら、喧嘩?それとも、じゃれあってるの?と思う間もなく。


1:1で始まり、恐怖を感じた方のコが、慌てて飼い主の元へ逃げ帰ろうとしました。

けど、もう片方は追いかけます。

それを見た、他のワンコたち、バラけていた他のワンコたちが、

あっというまに集まって、そのコを追いかけ、囲んでしまいました。

それがホントに、5秒くらい。

一瞬の出来事です。

ヤバイんじゃない?と周りの人が言った時は、もうワンワンヤンヤンの大騒ぎ(^^ゞ


逃げ帰ろうとしたコは、飼い主の元とは逆の方へ逃げるハメになり、

今度は複数の小型犬に追いかけられる羽目に。

改良に改良を重ねた愛玩犬にも、これほどしっかりと群れる習性が残っていること、

まざまざと見せつけられた気分でした。

それとも、ランの常連ワンコたちの間には、すでに仲間意識があって、

ランのなかに、群れの社会なるものが出来上がっていたのでしょうか(^^ゞ


たまたま、きくは私の足元にいたので、すぐに抱き上げました。

抱き上げなかったら、きくもそっちへ行ってましたね・・


ものの1,2分の光景でした。

お互いの飼い主が、愛犬の名前を呼んでも、皆、パニくってる状態で、聞きません。

慌てて我がコを捕まえようとしますが、犬の輪の中に入れません。

吠えたり、飛び上がったり、ちょこまかと機敏に動き、噛む勢いなので、

なかなか手が出せないのです。


ようやく、最初に追いかけたコの飼い主が、我がコの首ねっこを掴んで、輪から引き離し。

そのコ、思い切り叩かれていました。

それを見た他のワンコも、なんとなくバラけていき・・元の状態に戻ったのが、5分後。

たった5分の光景が、やたら長く感じました。


追いかけられたコは、無傷でしたが、恐怖で腰がぬけたようになってしまいました。

ダッコされながら、ランを退場(^^ゞ


あとで聞いた話ですが、追いかけられたコは、♀でヒート中だったそうで。

本来、その期間は入れちゃダメなんですよね・・

叩られていたコが、ちょっと可哀そうに思いました。


゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜


うちの、姉妹喧嘩は、そこまで熱くなりませんが、

明らかに、こそこそ喧嘩しています。


思えば、きくに姉気質を押し付けていた気もします。

きくの方が、半年早く生まれていたというだけで。

フタリの力加減は、もはや対等かもしれません・・

イメージ 4



姉妹喧嘩して、どちらが優勢になっても、リーダーは私。

おまいらヤメロ!と言えば、ヤメル喧嘩ですが、猫達に恐怖を与えたら・・

それが心配なのですょね~。

関連記事

乾いた種

シクラメンの種、5月下旬に収穫した時は小さな球根の形をしていました。


              可愛い球根だったのに・・026


保管場所は、タッパーに入れて冷蔵庫の野菜室(10度前後)に。


あれからどうなったか気になって見てみると、全てカラカラに乾いています。


ふっくらとした球根の形ではなく、つぶれて干からびたタネ、になっていました


               こんな状態で、芽が出るのかなぁ・・。046


種は簡単に収穫できた。収穫するタイミングも良かったと思う。


種の保管状態は、育て方の本を参考にしたけど、
本には、その後の種の様子まで書かれていない。



こんなカラカラ状態になってしまって、大丈夫なのかなぁ


 
関連記事

里の花々

実家の庭に咲いていたバラ。
母の手入れの賜物です。



022
023
018
025
042
044
019



026
020
綺麗、それ以上にホッとする風景。

関連記事

TV好きなワンコ -友との対談-


先だって、TV好きなワンコ -きくの場合- を記事にしましたが、

その記事に、夜バージョンもあるでよ、と書きまして。

あのあと、すぐにUPしようと思いつつ、時間切れとなりました。

 

その後、リアル趣味友(中型犬7年選手を飼っている)に、

TVを見るウチのコの話を自慢げに(写真を見せながら)しましたら、

こんな話になりまして・・

こんな話とは、どんな話って?

ま、その前に、夜バージョンをご覧ください。↓

 

きく、しっかり見ています。

みみは・・寝ています。

イメージ 1

 

この写真を見た、友人Yとの話


 

 『アニプラねぇ・・たまに見るけど、犬にTVを見せるのは、如何なものかなぁ~(^^ゞ』

 


 『別に、強制してないの。TVを付けたら必ず見るってワケでもなく、好きな番組だけ見てるの』

 

 『好きな番組だけ見てるって・・選んで見てるってこと?』

 


『うん。きくって、かなり頭がいいの。なんでも覚えちゃうし。

だから、TVも私のマネして見てるうちに、楽しくなったのかも。

不思議でしょう?真剣に見てるの!(笑)』

 


 『でも、犬にTVは・・大丈夫なの?あんまり見せない方がいいと思うな~(^^ゞ』

 


私 『ん?TVは良くない?視力が落ちるとか?近すぎかな(^^ゞ』


 


『つか、そういう問題じゃなく、TVは人間が見て理解する機器、でしょう。

犬が自分の意思で、見たくないから電源をおとすってことはできないし。

ある意味、TV付けたら、半分は強制的に見せちゃってる状況だよねぇ・・

どんな影響が出るか、解らないちゃ~、解らないよ(^^ゞ。

犬のシツケ番組って、最初はシツケのできていないワンコが登場して、大騒ぎしてるね。

無駄に吠えまくり。威嚇しまくり。お宅のきくちゃんも、ああいう犬の声と向き合って、

聴いてるワケだ。

ああいうシーンも見てるかもしれない』

 


私 『そうそう!だんだんヤンチャなワンコが改善されていくのが面白いのよ』

 

*☆*――*☆*――*☆*

 

一見、TVの前に座ってるだけでしょ?って感じですが、

しっかり聴きながら、見ているのです・・

イメージ 2

なぜ見てると言えるのか?

呼んでも返事をしない時があるのです・・。

返事というか、まさにTVに夢中で、無視!されます。

画面から興味あるモノが消えると、振り返る(反応します)。

 

友人Yは話を続けます。


 


『犬がシツケで改善されていく段階を見て、それが段階だと解るのは人間だけ(笑)。

犬は、話の流れまで解らない。


 


例えば、人間の幼児には、TVの見せすぎは良くないって言う。


 

幼児は、TVを見ると、大人が想像することとは違う世界を想像をするらしいよ。

ま、それも本当のところは謎。

幼児に聞いても、説明はできないからね(笑)


 


犬にも、ああいったTV画面がどんな風に映っているか、誰も解らない・・。

犬に聞いても、答えられないものね(笑)

何を思って見ているか、永久に謎なのだよ。


 


幼児の場合、例えば、まだ叱られたことのない幼児が、

TVで子供が叱られて(泣いている)シーンを見ていると、

その悲しい、恐怖の感覚(記憶)だけが、自分の記憶として刷り込まれて、


心理的に似た状況に遭遇すると、叱られたように泣き出すって話もある。

或いは、大きな音を恐怖として記憶すると、大声で笑う声や歌にも、

脅えてしまう、って。

 

未体験恐怖でも、体験したかのような恐怖のトラウマが残り、

成長後に、デジャブーのような感覚として思い出すとか・・ね、

すべてがマイナスにはならないにしても、記憶のない時期に、


余計な記憶が残るのは、如何なものでしょうということで、


幼児へのTVは、幼児向きか、なるべく見せない方がいいと言われているよ。


 

犬にもそういう心理ってあるんじゃないかな~。


 

傷ついて痛がる犬の声や、ストレスで吠えまくる犬の声や、


恐ろしく威嚇する犬の声が聴こえてくる画面を見てるワケだね、きくちゃんは。

楽しいと思う?きくちゃん(^^ゞ


 

きくちゃんの心理が解らないまま見せてると~・・


ある日突然、ミズちゃんの言うこと、聞かなくなるかもょ(笑)

だいたい、犬にTVを見せてる話は、

聞いたことないっちゃ~、ないね

 


私 『う~!妙に納得しちゃったよ。どおしよ><言えてる!』

 

 

友人Yは、調子づいて語り続けた・・

私は、ますます納得してしまい><


 


『もしかして・・ミズちゃん、無意識に、きくちゃんに命令してない?』


 


はい?命令?・・してないよ~(^^ゞTV見ろって?

言うわけないじゃん(笑)

・・・あ!ああ・・そういえば・・><』


 



『見て~、って何気に言ってるでしょ?それって、言い方によっちゃぁ~、よるねえ。

命令になるよ(笑)』


 


うぁあああ!言ってる!言ってた!

ねぇねぇ、きくちゃん見て~、とか。見てみて!って。気軽に言ってるわ(^^ゞ

けど、そんなんが命令になるのかな?』


 


なる!利口なコなら、なおさら!

りっぱな命令だよ!


こっち見て~も、あっち見て~も、TVを指してアレ見て!も、

見て!いう命令言葉だ!

見て!を教えこんで、きくちゃんが行動を理解していたら、必ず見る!

当然でしょうが(笑)


 

だからさ(^^ゞ


犬を人間のように扱っちゃダメだって~(^^ゞ
犬をヒトのように扱って、冗談言ったりしちゃダメだよ。

 

リーダーが、飛び込めったら、飛び込むのが犬!

群れを成すには、群れから排除されないためには、

従順にならないとイケナイって、本能。

とどのつまり、

きくちゃんは、ミズちゃんが『見て!』と言ったから見ていた、

と考えると、つじつまが合う。自然な行動だ。


 

見る、という命令に従えば、いいことがある・・オヤツがもらえるとか、ね。

 

でも、どうでしょう。

きくちゃんは命令に従ったのに、リーダーのミズちゃんは、笑って見てるだけ。

条件は?

約束を果たしたら、報われることが、報われない。

きくちゃんは、どうする?

ま、いっか・・と思えるのは人間さま。

犬は、まいっか、とは思わない。

不信感を与える者はリーダーではないと判断して、

命令には従わなくなる、だけ(笑)


 

ヒトや動物全般に言える本能は、動きたいという本能。

これは一生持ってる本能。

だから、病気になって動けないと、動けないことが、痛みと同じくらい脳に苦痛を与える。

ストレス!

ヒトがじっとしたままストレスを感じないで映像を見ているのは、

その映像が、動けない苦痛を忘れさせるほど興味深いから。


 

同じく、犬が映像を見ながらじっとしていられるって、ふつうは、ありえないこと。


だから、きくちゃんがTVを見ていたのは、目的を果たすための手段にすぎない!

つまり、目的があった!

そう思わない?

面白いなんていってられる?(^^ゞ

きくちゃんの目的は何だろう?


なんであのこはTVを見たの~?でしょ。どう思うね?』

 



ひぇ~・・さすがY先生!(なんの先生か?)説得力ある~!

一理あるある!そうね、そよね・・確かに、ヘン!目的は何?』

 



『わからん。

とにかく、見て!って言わないこと!言わなきゃ、見ないかもよ。



けど、犬がTVを見ながら、どんなコに成長していくか、興味は大だね(笑)。


夜、きくちゃんがTVを見始めたら、ボール遊びでもして興味を運動に向けるとか(笑)


 


ひぇ~!でもでも、見てとも言わないのに、見はったら、


それが習慣化したら、私は、アニプラを見るたびに、きくの相手をしないとですか、センセ』

 



しゃぁないじゃん。

自分が犬に、見てと命令していたなら。

見たら、あんた、喜んじゃったんだものね。

犬はね、リーダーが喜ぶ顔を見ると、ますます同じことをやる!

喜ばせたくてね。

群れる者は、生きてく為に、強きリーダーを敵にしたくないの。これはホント(笑)』

 


『そっか・・きくには、うかつに話しかけられないわ><

今まで、あまりにも、話しかけすぎてる・・だから、いろいろ覚えちゃったんだわね。

しかも、命令というカタチで・・

(きくの可愛らしさの一つに、犬らしくないトコもあったぁ)』

 



ミズちゃんお得意のシツケで、見るな!も教えるとか(^^ゞ


したら、それに従っても、ご褒美、忘れずに(爆)

ちなみに、うちの犬は、TVを付けていても、見ないで寝てるね。

TVをつけると、相手にされないと思ってか、むしろTV嫌いだね。


リモコンを壊そうとするから、なかなか賢い(笑)』

 

というような話で・・。


 

決めました。

 

居間にドーンと置いてあるTVは、隠すワケにはいきません。

TVを見ない生活も(DVD映画も観ますから)不都合があるし、

夜、私が「見て」とも言わないのに、

きく&みみがTVに注目したら・・

ボール遊びします!

それがいい!(笑)

 

*☆*――*☆*――*☆*

 

今となっては貴重なTV見てます、写真です。

 

まったく私ったら・・

ウケねらいで、こんなしょうもないセリフを入れて、

楽しんでいました><

お蔵入りは哀しいので、最後の記念に。

 

イメージ 3

 

ありえない話が空しい。

お風呂よりTV?

んなこと思ってないって><

しいて想像すれば、あの姿は・・

 


『TV画面見た(命令に従った)のに、何も褒美が出ないわ。

眩しいのガマンして見たのに。


もう、ママの言うこと聞くのやめようかな・・

 

*☆*――*☆*――*☆*

 

関連記事
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR