主 now The きく♥みみ&たび 2009年06月

今日この頃

いよいよ、梅雨らしく?初夏らしく?

蒸し暑くなってきました。



*☆*――*☆*――*☆*



バルコニーでも蚊よけ対策♪
イメージ 1





☂雨降って 2 固まる♪
イメージ 2





そして月末恒例のトリミング♪

の、あとに、2ワンをマジマジと眺め・・




イメージ 3





食べたのは、きくです(笑)




イメージ 4





きくは虫かぁ~。



*☆*――*☆*――*☆*



昨日は雨だったので、和裁の先生から頂いた(上質だけど、研がないと切れない裁ち鋏(笑)、

(そもそも、今は亡き呉服屋の大旦那さんが使っていたものを何丁か頂いて、教え子たちにくださり)

私も頂いたので、ソレを朝から研ぎ始めました。

これも和裁修行のうちですね(笑)



ところが、中心部の切れ味は良くなったものの・・

ど~も先端の切れがイマイチで、滑りに納得がいかないのです><



それからです、意地でも、切れるようにしようと、延々研いでいました。

(もちろん、その間、家事に飼育に、ちょこまかとしたことは済ませ)

それでも、テーブルには、ハサミと砥石を置き、途中、TV映画を観て休憩♪しては、

夜、旦那が帰宅しても研いでいました。



呆れた旦那が、かしてみ~ってな感じで研いでくれましたが、イマイチ変化なし><



ここでやめたら、一生研がない!

切れるハサミは、すでにあるのだから・・。

なんとしても、今日中に、限界までこれを研いでみよう!

もしかしたら、愛用の一丁になるかも!



てな思いがフツフツと。



夫が寝ても、納得いくまで研いでいました(笑)

なんとか満足するまでやって、最後は試し切り!

イラナイ敷布を二つに折って、いざ!裁とうぞ!

ハサミょ!行け~ッ!お願いだから、脱線するなょ~!

すると、まぁ!

見事にシュシュシュ~っと気持ちよく裁断できたじゃないですか!



時計を見ると、夜中の3時でした><



ハサミ、少し小さくなった感じです><



一仕事終えた気分が、と~っても嬉しい真夜中♪

暫くハサミを眺めつつ、ひとりビールで乾杯♪



ふふふ♪




イメージ 5





研ぎ代1500円が浮いたというより、

世界に一つの高級鋏を手に入れた気分です。

関連記事

蛍がココにも~♪

我が家の若猫といえば、ノノ(生後2年)と、この姉妹猫↓(生後3年)。
イメージ 1





あとは、生後10年以上23年未満の老齢猫たち。



この姉妹猫も、夫のお仕事仲間さんが、

乳飲み仔状態で保護したあと、ウチで飼うことに(^^ゞ

ダンボール箱の中に入って捨てられていて、

カラスにつつかれていたそうな><

ありゃりゃ~・・。



生まれて間もないプーとコマは、

老猫達が甲斐甲斐しく育ててくれました。

めでたし、めでたし♪




イメージ 2





プーコマが、夜空を舞う蛍?を眺めている頃・・



きく&みみは、お散歩中でした。



2ワンと、歩道が(車道と)ガードレールで区切られた路肩をブラブラと歩いていると、

後方から、自転車に乗った塾帰りの子供達が歩道を走ってきました。



自転車も車道を走ることになっていますが、

うちの近所の車道は、道幅が狭く、バランスを崩すと、

車に触れてしまいそうな危険な車道が多いです。



この車道も、自転車には危険に思っていましたから、

歩道を走ってきた子供達が通りすぎるまで、

きくみみをハジッコに寄せていました。

と・・

彼らが、すれ違いざまに囁きました。
イメージ 3





わぁ!光ってる~!

ホタルみたい~!

ホントだぁ~、可愛い~。



みたいな会話(笑)

ホタルをつけた2ワン、可愛いと言われてしまった(#^.^#)



なるほど♪

都会の地上に舞う、蛍が2匹?

夜のお散歩用のLEDライトのことですが、

ホタルといわれたら、そう見えなくもないです(笑)

へへへ♪

きくみみと、子供達から楽しい気分を頂きましたょ♪



ならば、このライトをバルのライラックにつけて、

プーコマ姉妹にも見せてあげようかな~(笑)

ホタルはココにも~♪

関連記事

きく姫の母上と兄さま♪

きくの産みの母上と、きくの兄貴(右京クン)の、

2ショット写真を頂きました。

元気そうで何よりです♪



なんか、おふたりさん、きれい~。
イメージ 1



シャンプーの、いい香りが漂ってきそうな雰囲気♪

ベッドで寛ぐ、洋風なイメージだゎ(笑)



成長した右京クンは、きくにクリソツ!

きくがそこにいるようです!



では、どのくらいクリソツか、きくの写真を↓
イメージ 2





おお!きく姫も可愛いじゃないですかっ!

きくの優しい目は、ママ似だと確信しました。

い草の、涼しげな香りに包まれている雰囲気でしょ(笑)

オザブで昼寝とは、和風なイメージだゎ。



*☆*――*☆*――*☆*



和風といえば・・和の針仕事!の、和裁ですが、

(趣味の域ですから、仕事、じゃないですが)

今月中に仕上げなきゃならない課題がいくつかあり!

頑張っています!(^^)!

梅雨の晴れ間の散歩は、良い気分転換になることです♪



★貴重なブロ友の皆様★

なかなかタイミング良くリコメもご訪問もできないご無礼をお許し下さいm(__)m

なので、暫くの間は閲覧のみで更新していく無礼もお許し下さい(^^ゞ

関連記事

好奇心

中間報告って感じですが(笑)
イメージ 1



ツルツルだった、きくの耳の毛、

ちょっとフワっとしてきましたょ。



オカッパ風になるのは・・秋頃かなぁ。



ところで・・



さきおとといですか、東京の天気が午前中はカラリと晴れて、

夕方から雨、そうして雷雨になった日。



その日、

今日は晴れて気持ちがいいわ♪ちょっとそこまで♪のつもりで、

自宅から3キロ先のペットフード店に行こうとしたのです。

そこは、車で行く時は、一通を回避して、大通りに抜けないと行けないので、

遠回りして10分くらいはかかります。

徒歩ですと、一通の歩道を歩けますし、住宅地の細い路地も歩けます。

その方角へ、直線的に歩いて、できるだけ短縮距離で行ければ、

30分で着くと思いました。



いざ、2ワンとその店へ!



しかし、歩けど歩けど・・その店に辿りつかず・・。

おまけに、近所にこんな敷地なんてあった?

みたいな場所が出現><




イメージ 2





そして、なんと!

2時間もかかって到着しました。

帰りは、大通りを通って、40分で帰宅できましたが(^^ゞ



その夜は雷雨で、道に迷った原因はさておき、

地図か、住所でも控えておくべきだったと反省しましたが・・

連れまわされた、きく&みみには、とてもよい運動になったと思います。

帰宅後、すぐに爆睡してくれました。



今日は、夕方までお天気が崩れることもないそうで、

今から、同じ店の方に、また行ってみよう思いまして、

(なんとしても、その店への近道を知りたいので)

地図で確認しましたら・・



その店の位置はわかりましたが・・

近道も解りましたが・・



さきおとといですか、あの日、

行く時に歩いた道が、地図にないのですよ!

つか、迷った時に、携帯で写真も撮ったのですが、

その場所らしき所が、ない。



どういうことでしょう(^^ゞ

都会の異次元空間に入り込んでいたのでしょうか?



今、外を見たら、あの時と同じ日差しが!

まさか、このあと雨?

狐の嫁入り?



私達は、帰ってこれるのでしょうか。



こんな時、これが映画やドラマで、

主人公が確かめようとするシーンになると、

私はこう思います。



私だったら、追求しない!

その方向へは行かない!

ゼッタイ、行かない!



けど、実際は・・

やはり映画やドラマのように、

確認したくなるのですね(^^ゞ



今から行っちゃうわけです。



携帯は、持っていきますが、店に到着するまで見ないことにします。

もし、途中で見て、圏外表示でも出ちゃったら、怖すぎます。

関連記事

我が家の元祖猫 -ミイタロ、そして今-

これは、きくが来る前に、猫ブログ(エキサイト)にUPしたものですが、

こちらでは、お初なネタなので、記事にさせて下さいネ。

(長い文章なので、気楽にスルーして下さい♪)



*☆*――*☆*――*☆*



私は、子供の頃に、親戚から頂いた猫を飼ったことがありますが、

末の妹が生まれて間もなく、両親が、何らかの理由で手放してしまい・・

以来、家族として猫を迎えたこともなく、成人になりました。



なので、我が家が多頭猫の発端となった元祖猫は、

私にとっては2匹目の飼い猫、というべきでしょうが、

私が手に入れた最初の猫で、今の我が家の元祖猫といえば、

これからお話しする猫、美衣太郎♂(ミイタロ)です。




イメージ 1





今から約25年前ですか、大学を卒業して、社会人になった春のことだったと思います。

私は、当時の彼の下宿先界隈で、産み落とされたばかりのような子猫を拾いました。

\(◎o◎)/!



(中略)



両親には適当に(彼の子猫を預かったとかなんとか)言って、

私の自宅(実家)で、ミイタロを育て始めました。



小学生だった末の妹にとっては、初めて飼う猫。

私が仕事中は、母と二人の妹が、ミイタロにミルクを飲ませてくれました。

(暫くすると、不自然な言い訳はバレバレに)



ペット用のケージは大きすぎて、危ないので、

寝る時は、鳥篭のなかに入れて、寝かせました。



仕事にも慣れた初夏、(というより、引越し資金が貯まった私は、)

社会人になったら、家を出て一人暮らしをさせて欲しいという希望を果たすべく、

半ば強引に、都内の彼の住む町の近所に、アパートを借りてしまいました。

当然のように起こった親子喧嘩勃発は・・(中略)




イメージ 2





ミイタロのために、女子は危ないと言われていたアパートの1階を借り、

学生だった彼に、時々ミイタロを見てもらい、そこでミイタロはすくすく育ち。

ちなみに、大家さんには、彼の出入りと、ミイタロの存在を了承して貰いました。



ミイタロは、いつのまにか、外へ出たがる成猫にまで成長しました。

ある日、布団を干そうと窓を開けると、ミイタロが勢い良く外へ飛び出し、

慌てて探しにいくと、ブロック塀の上にいた外猫と挨拶?したあと、

自分から家の中へ戻ったのです。



ミイタロは、この部屋を覚えてる・・てことは?

外に出ても帰ってくる!

これって、理想的かも!

トイレを外でしてきてくれたら、なんて手間がかからないこと!



と勘違いした私は、成猫になったミイタロを自由に外へ出しました。



出勤前にミイタロを出し、帰宅する頃は玄関の前で待っているミイタロ。

帰りが遅くなる時は、彼に来てもらうか、台所の窓を少し開けていきました。



ところが、そのうち、夜も外に出たがり。

出すと、朝には玄関の前にいるようになったので、

もう、完全に、いつでも出入り自由にしてしまったのです。

台所の窓は、猫が入れる隙間だけ開け、ミイタロの玄関になりました。

そして、ある晩は、ミイタロの友達猫が数匹、入っていたこともあり、

爆笑してしまったことも。



ところが・・ある日。

夜遊びに出たミイタロが、朝になっても戻らず・・

探しまくっても見つからず。



そのまま、ひと月くらい過ぎてしまい、

誰かに飼われたものと思っていたら・・



ミイタロは・・・



首輪には、私と彼の部屋の電話番号を記していましたが、

私は、日中は仕事で留守、彼も授業で留守だったりして、

(留守番電話も携帯電話も普及していない頃です)

何度か連絡をしてくれた方が、最後の連絡として、

これで連絡がつかないようなら、保健所に・・ということで、

彼のほうへ電話をして、運良く彼が電話を取り、事情を知ることに。



ミイタロは・・・事故に遭っていました。




イメージ 3





    こんな体で帰ってきました。

    車に轢かれて、下半身がマヒしてしまったそうです。

 

動物病院へ迎えに行ってくれたのは彼で、

中年の女性が保護してくれていました。



その人に、彼が、お礼と数日間の治療費の支払いを申し出ると、

その人は治療費も請求しなかったそうで・・。

『もう、外に出られない体になってしまったけど、飼い猫なら、室内飼いをしてあげるべきでしたね』

と言ったそうです><



当然ですよね・・。



それから、私達は、ミイタロを介護しながら育てました。

(中略)この介護の話は、果てしなく。ご想像にお任せします。



この状態で、さまざまな余病を併発しながらも、

その後、何年か生きてくれました。

薬局のオジサンが、私にコドモがいると思ってか、

マミーポコという赤ちゃんのオムツを買いに行くたびに、

オモチャをくれました(笑)



まだ二十代前半で、ひとり暮らしが新鮮で楽しいはずが、

会社の人たちと、遊びに行きたい気持ちを抑え、

真っ先に帰宅して、ミイタロの膀胱を絞り、オシッコを出す。

その方向が定まらないオシッコ、何度、顔にかかったことか(笑)



はたまた、夜中に、下痢になり、部屋中が悪臭に><

お湯をわかして、風呂に入れたこと。



私ひとりの介護では、メゲたに違いない日々でしたが、

当時の彼は、嫌な顔をせず、心からミイタロに同情して、

手伝ってくれました。

一生感謝しています(笑)




イメージ 4





話を戻しますが、ミイタロは、こんな体でも、外へ出たがりました。

私達は、休日になると、ミイタロを連れて近所の公園へ行きました。

馬事公苑というところで、馬を見せては、砧公園で散歩したり。

森の中で、捨て子猫と出会い、ミイタロを近づけると、ミイタロはペロペロと・・

ミイタロの友達になってくれるならと・・連れて帰り、飼い猫に(^^ゞ



ある時は、ミイタロのように怪我をして動けない猫とも出会い・・

元気になるまで、回復するまでと、保護したつもりが、飼い猫に。



なんだかんだで5匹になった頃、大家さんから苦情を言われました(爆)

彼に相談、アパートから、ペット可のマンションへ引っ越しました。

(中略)



ペットを堂々と飼える環境になると、友人が拾った猫まで貰いうけ、

そのこが病気だったり、他の猫に感染したり、治療しつつ、

縁あって?新たな猫が来たりして。

そして子猫が生まれたり(^^ゞ

いつの間にか、多頭になっていきました><



20代の中間で、猫の難病を知り、莫大な治療費で、借金に追われました(笑)

なんの因果で・・と思うたびに、

子供の頃、両親に捨てられてしまった飼い猫の顔が浮かんできました・・。

(中略)



    ある雪の降る晩に、ミイタロは静かに逝きました。

    沢山の猫仲間に囲まれて。



*☆*――*☆*――*☆*




イメージ 5





ミイタロがいなかったら、これほどの猫たちとも縁がなく、

今も、猫を飼っていたか解りません。



ちなみに、当時の彼とは、今の旦那のことですが(^^ゞ

この旦那が、職場でも猫好きなことを知られていて、

お仕事仲間さんの保護した猫たちを貰ってきたりしました><

避妊しても去勢しても、猫が減らないワケです。



けれど、我が家の最後の子猫となったノノ、

ノノも、瀕死の状態の子猫だったそうです。
イメージ 6





ノノを保護して、回復するまで面倒を見ていた、旦那のお仕事仲間さんが、

(多頭猫の我が家を知ってますから)旦那に里親相談をしたのです。

自分のとこには、すでに犬がいて、猫を飼うのは無理だと。

翌年、そのワンちゃんにコドモが産まれそうだと話が舞い込み(笑)

そのワンちゃんが、きくの母犬なのでした(笑)



猫のミイタロから、多頭になりまして、

犬のきくに繋がっていたことです。



*☆*――*☆*――*☆*



猫のブログでは、猫たちの病気や介護の話をこと細かく書いていましたが、

今回は、元祖から今日に至るまでを(これでも短く?(笑))書いてみました。

シュナ友のパルママさんに、話してみたかった私の飼い猫の思い出話でもあります(笑)

関連記事

きくのチャームポイント、健在♪

では、一周年を(勝手に)記念して(笑)

きくの、撮りたてのチャームポイントをUPしておきます。



子犬の頃からの、長いまつ毛♪

ご覧ください(^^ゞ




イメージ 3





ね?今も健在です!では、子犬の頃は?



ハイ!これです!




イメージ 2





この長いまつ毛、いっときは、手違いで、

短くカットしてしまいましたが(^^ゞ

ちゃぁんと伸びて、クルリンまつ毛に♪




イメージ 1





けど、シュナちゃんの、

長いまつ毛がチャームポイント♪って、

我が家のきくだけではなさそうですネ(笑)

関連記事

きくブロ、誕生1年目♪

去年の今日、

愛犬シュナウザー、きくのブログを立ち上げました。

早いもので、1年目を迎えました。

ご訪問して下さった皆さま、有難うございます!



そして、何より、このブログで、お付き合いして下さってるブロ友さま、

きく&みみの成長を見守って下さって、有難うございます。

心から感謝致します!



このブログを立ち上げた理由、

当初の理由は、ひとつだけでした。



きくの成長を(きくを下さった、きくの母犬(ノンちゃん)のママに)

きくは元気ですってお知らせしたいという気持ち。

それだけが目的で、綴っていました。



それが今では、

シュナウザーを愛するお友達までできて、

感無量な思いです。



これからも、きくは元気です♪をメインに、

楽しい愛犬ライフを綴っていきたいと思います♪



きくのおかげで、シュナウザー犬が大好きに♪

きくのおかげで、ブロ友さんと知り合えて♪

きくのおかげで、みみに縁がありました♪



きくが来てから、先住猫達にも、

より一層に気遣う心が持てました。



*☆*――*☆*――*☆*



では、1年前の、生後二ヵ月のきく。
イメージ 1





そして今♪

生後1年二ヵ月半で、こんなにリッパに!




イメージ 2





*☆*――*☆*――*☆*



きくが私にくれた幸せ、

私、いっぱい見つけることができました。



幸せって・・探せばイッパイあるよね!




イメージ 3





きく 「この草原のなかに、幸せを運ぶ四葉のクローバーがあるのよ」



みみ 「へぇ。きくちゃんはモノシリね・・どこにあるの?」




イメージ 4





きく 「去年の今頃、ママが、そう言って探していたの。わたしの足元で、良く見つけるって(笑)」



みみ 「見つけたら、ママが幸せなるの?じゃ、あたしたちも探してあげる?」




イメージ 5





みみ 「きくちゃん、これ!みんな、そうじゃないの?幸せの四葉に見えるワン」



きく 「そうね、みみ!」




イメージ 6





みみ 「幸せ探しって、楽しいと思うことを探すこと?ママは今、あたし達を見てるワン!」



きく 「うん!だから、ママは今、クローバーじゃなくて、わたし達を見つめているの」



そう!あなた達が、四葉なのです。

幸せをありがとう♪



*☆*――*☆*――*☆*



この草原のなかに、どのくらいの四葉があるのだろう。

幸せを運ぶ四葉を見つけたら、

見つけた分だけ、幸せになれる?

あんまり欲張ったら、幸せって逃げちゃう?



いいえ。

自分が手に入れた幸せなら、自分が見つけた幸せなら、

遠慮しないで頂いておこう!

それは、あなたが見つけたものだから。



たくさん見つけた時くらい、

あなたが独り占めをしてもいいよ。



どんなに欲張っても、一生懸命探しても、

見落として、踏みつけてしまう四葉だってあるのだから。

関連記事

我が家流、シュナカット(笑)

では、トリミングの様子をばUPいたします。

ちなみに、前回は全身マルガリータでした。

ですから、今回はさほど刈るところもないのですが(^^ゞ



きくのカットの目安は、背中の毛が、

うねってきたら、刈り時としています!(^^)!




イメージ 1



というわけで、きくから始めました。

まずは、頭。

ここは、バリカンを3ミリにして立てて一気に、うなじまで。

下の写真は、頭からうなじ(首すじ)まで刈ったあとです。




イメージ 2



ここで、シュナカットを意識します。

が、私は、シュナカットもどき、で満足。

以前、プロのトリマーさんにシュナカットをしてもらって、

なんとなくラインを覚えているのですが、

小太り気味のきくは、そこから残すと、な~んかヘンです。

よけい、ズングリムックリに見えます(^^ゞ



それに、刈り忘れにも見える・・

なので、おなかに隠れるところから残します(^^ゞ




イメージ 3





それって、シュナカットとは言わないょって?

へへへ!

ま、いいじゃないですか(笑)

いちお、意識してるコトだけでも、お許し下さい(笑)




イメージ 4





耳の毛は、このまま伸ばすっ!って決めました(笑)



なので、このあときくちゃんは、お口の周りと、

足裏の毛と耳掃除でおしまい。

肛門絞りは、シャンプーの時ですから。

ですから~、これにて終了~♪




イメージ 5





素人のカットですが、いかがでしょう。




イメージ 6





みみは、きくほど毛が伸びていません。

なので、お尻まわりだけ。



愛想のいい、みみっこ。

この尻尾を千切れんばかりに振ってます。

顔も可愛いですが、すれ違う愛犬家さんは、

このシッポにやられちゃうみたいです(笑)




イメージ 7





見知らぬ愛犬家 『うわッ!可愛いッ!このこシュナですか?MIXですか?』



私 『シュナウザーです(^^ゞ』



見知らぬ愛犬家 『シュナって、こんなに愛想がいいのですか?』



それは・・たぶん・・きくの倍はある、このシッポのおかげです(^^ゞ



きくのシッポフリフリは、見落とされがち><




イメージ 8





というわけで、きく&みみの今月のトリミング、おしまい♪




イメージ 9





*☆*――*☆*――*☆*



余談ですが、みみは、今でも時々座り込みをするのですが、

最近解ったのは、マンホールのフタや、側溝のフタ、線路のレール、

そういったモノを見ると、決まって立ち往生します。



なんとか騙し騙し、よけて歩かせようとしても、それをジっと見ていて動きません。

これも慣れさせないといけないと思い、その上を歩かせ、歩いても安全だと知らせますが、

その時、カンガルーのように立ちあがって、大きなジャンプをして飛び越えます。

かなり不自然だけど、面白いジャンプです。(犬っぽくないです)

そもそも、ジャンプなんて必要ないトコですよ(^^ゞ

いったい、どういうことなのでしょうね(^^ゞ



それは・・あたかも、私が道で大の苦手なヒカラビタみみずちゃんを目前にした時の、

立ちすくむような恐怖・・それでも跨いで通らないといけない時の、

あんなジャンプに似ています><



てことは、みみにも、マンホールのフタなどに、なんらかの恐怖感があるのでしょうか。

生前に、穴に落ちた恐怖体験でも持って生れてきたのかなぁ・・なんて、ふと思います。

関連記事

きくちゃんの耳の毛、伸ばそう!

昨日、きくとみみのボディをカットしました。


お散歩中に、みみっこが人目を引くので、ついつい話かけられます><

みみは、なぜか、女のコだとすぐに解るようですが、

きくを見た人は、その小太り気味な体型と、

ツルリとした頭とボディを見て、必ず言います。


『おお!シュナちゃん!オスですか?』


必ず、オスかと思われます(^^ゞ


そこで、今!


今から有言実行~のつもりで書いています♪


きくの耳の毛、これからは伸ばそっ!伸ばすのだ!


数日前に、ブログのシュナ友さん宅をブラブラ訪問していて、

固く決心しました。


伸ばす!


今までは、伸ばそうと思っても、挫折してきました><


伸びかけて、中途半端にモサってくると、

ど~しても、短くしたい衝動にかられて、

毎回、ツルリとカットして、男のコみたいになっていました。


それはそれで可愛いけど、一度くらいは、

オカッパくらいに伸ばしてみたい><


この感じ、いいゎ!

と思えるシュナちゃんカットを見て、固く固く決心しました!


ここに有言実行!

誰かに約束、という形にしないと、私、守れそうもないので(笑)

ここに書いて、ご訪問して下さった皆様にお約束しとこ(#^.^#)


今から外出しなきゃなので、

昨日のカット画像はあとでUPしま~す♪

関連記事

きくが見たモノは・・

イメージ 1


散歩中に、携帯で撮ったきくみみです。



携帯で撮った写真は、とりあえずPCへ送信、あとで見てます。

理由は、その場で見ても、夕方は画像がよく見えないからです。



これ、暗いですけど、19時頃で、あたりはまだ明るかったですが。

とことん、親ばかになって言えば、『可愛いきくみみの、貴重な怖い顔で~す』

ですけど(^^ゞ






こうして画像を見ると・・



アリ?

みみも入れたつもりでしたが・・、

あれ!!

みみっこが、写ってないっ!!!



みみっこ!



やだぁ・・

気持ち悪い・・

どういうこと?

なぜ、みみが写っていないのだろう・・。



・・・



きく

「みみは、動いて、ママの方へ行ったと記憶しています。

それより、わたしが怖い顔をしている理由を聞いて下さい」





「きくったら~、覚えてるわょ~。今、それ言っちゃダメじゃ~ん。

みんなが涼しくならないでしょ?これからのネタは、納涼でいくのよ。

みみ、そのつもりで、ちゃんとカメラに収まってねッ。動いちゃダメょ」



みみ

「でもママ、あの時ね、ママの首に、猫にゃんがしがみついていたの、

 だから、あたし、ご挨拶しようとママのところへ近寄ったの・・」





「あのね、みみ、お散歩中に出会った猫ちゃんたちに、いちいち挨拶しなくていいのょッ!

まったく、あんたは愛想がよすぎなんだから~。

猫ちゃんは、うちにもイッパイいるでしょ?おわかり?」



きく

「・・ママ、わたしの話は、もう聞いてくれなくてもいいです」





「ん?怖い顔をしてた理由?カメラがキライなんでしょ?」



きく

「そういうことにしておきます」



みみ

「きくちゃん、あっちで遊ぼう」



きく

「うん、あっちで遊ぼうね」



ああ、きくみみ!

なんていい仔たちなの!

ふたり仲良く遊んでいます♪

関連記事
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR