主 now The きく♥みみ&たび 2009年04月
FC2ブログ

イタズラも嬉しい><

さて一句。



普通なら、これ躾けなら、

叱らねば、ならぬことです、みみのイタズラ。




イメージ 1





けど、あたしゃ嬉しくて><

もっとカジっていいんだよ~!なんてね(^^ゞ

初めて見た、みみのイタズラなんです><




イメージ 2





どうして私は、今まで気づかなかったのだろう。



みみが、ウチに来て、すぐに遊ばなかったことに。

子犬らしいイタズラをゼンゼンしなかったことに。



みみが来た当初は、大人しくて飼いやすいコ、と思って喜んだ。



大人し過ぎて、イイコすぎて、

夜中に豹変するのでは?なんて、

冗談まで飛ばしていたっけ。



思い出すと、みみの不思議な点は他にもありました。

唸ることはあっても、全く鳴かないコでした。



声が出ないのかと思って、

無理やり痛がるダッコをしてみたけど、

一言も鳴かなかったのです。

マンション住まいゆえに、

鳴かないに越したことはないから、

それも良かったと、喜んだっけ・・。



とにかく、イイコすぎたのです。

それゆえの、その反動が・・。



恐らく、みみは、この家で、私はどう過ごしたらいいのだろうと、

迷っていたかもしれません。



もっと早く、不自然なことに気づいてあげたら良かったのです。



*☆*――*☆*――*☆*



そんな気持ちの今、

みみのイタズラが、正常に思えて叱れないのです。

しかも、このイタズラは、きくもやっています(笑)



こんなイタズラを通して、2ワンの仲間意識が強くなるなら、

今は、見守りたいです。

どーせ、この枕はオシャカですから~。

捨てると決めた以上は、とことん遊べ!

ムダにすんなって感じもあり(笑)



*☆*――*☆*――*☆*




イメージ 3






ある日のあの日、あえて何時間もかけて、

薄毛のみみをトリミングして以来、

このマットを広げると・・

きくより先に座ります(笑)




イメージ 4





きくとみみが、触れ合うことが多くなりました。



きく 「みみちゃんもトリミングするの?」

みみ 「うん!」



゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜゜・:*☆*:・゜



みみが歩かなくなった原因が解って来ました。

みみときくの、その年齢や体型の差が、殆どないと思った私は、

みみを迎えた、その日から、二頭引きを始めました。



そして、みみを強引に引っ張ったことも・・。

きく1匹の時は、好き放題、彼女の行きたい方向へ、

あちこち歩かせました。

その背中を眺めては、楽しかった・・。

みみには、それをしなかったっけ・・。



*☆*――*☆*――*☆*



先日、旦那と合同で散歩をしました。

旦那がきく、私がみみ、あるいは、逆にして、

それぞれバラけて散歩をしました。

すると、みみは、喜んで歩く歩く!走る走る!



早い話が、私が二頭を同時に散歩させることが早すぎたのですねぇ。

まして、二頭引きリードなんて、もっともっと先の挑戦でした(笑)



みみを迎えた時、ちょっとの間でも、好き勝手に歩かせて、

繋がれて歩くことや、散歩の楽しみを味あわせてあげたら、

あんな座り込みや、歩かな~い!もなかったかも・・(笑)



躾け、それ以前のことを私は忘れていました。

沢山の注意信号をみみは私に送っていました。



遅くなったけど、気付いてあげて良かった!



*☆*――*☆*――*☆*



で、ここで一句。



きくみみは

 そろそろ寝ます 深夜にて

 旦那帰宅に 歓迎2分



はい、旦那が帰宅すると、居間で寝ていた2ワンは、

発狂寸前の大騒ぎで大歓迎をするのですが・・

(旦那は、感動しますが)

時間を計ると、どんなに長くても2分以内におさまって、

その後はシーンとしています(^^ゞ



犬って・・役者やのぉ~(笑)

関連記事

みみっこの変化♬

皆様、お元気ですか?

いよいよ、GWです!連休に入りますね!


私は、早々に風邪気味に(^^ゞ今は、落ち着いていますが・・

それと平行するように、旦那の愛車が故障しまして、GW明けの修理開始に><

つまり、この連休中は、愛車に乗れなくなりました!(^^ゞ


戻ってくるのは、いつでしょうね(笑)


ま、どこ行く予定もアテもなし、ちょうど良かったかもしれないけど・・。

旅の予定を立てていたら、レンタカーを借りるハメになったわけで、

珍しく、予定ナシのGWだったことは、幸い中の幸いです!


浮いたお金で、バリカンでも買うつもりです!なんちゃって(^^ゞ

何も浮いてないって(^^ゞ


★・・☆・・★


さて、どこでもオチッコ~の、みみっこ(^^ゞに大きな変化が!

近況、ご報告いたします!


ここ数日、トイレできちんとするようになりました!

しかも、大きい方は、きくより上手に!

(マトをはずさず)


きくより、上手って?


ハイ(^^ゞ

きくは、必ずと言っていいほど、ウンチはシーツの脇でやります(^^ゞ

これは、私の教え方がヘタだったからです。

きくがトイレを覚えたての頃、シーツからこぼれたウンチも、

ヨシヨシと褒めながら処理していました><


トイレを意識していることが解ったので、今はこれで充分だと思って(^^ゞ

そのうち、シーツの上に乗るだろう、なんて(笑)

自然と乗るわけないですよね?(笑)甘かったです。


その結果、シーツの上でなく、トイレ周りでやればいいと覚えたようで(笑)

完璧、そう覚えたようです。

コロコロと健康的なソレなので、まいっか~で、拾っていますが><。


で、みみは、大小、シーツのどまんなかに!!

やっと!

やっと、居間でシレーッとやらなくなりました!

完璧です!


良かった・・。

これで、仕舞いこんでいた、お気に入りのラグも敷けます!

ビニール絨毯は、粗相した時の掃除は楽ですが、味気ないもんなぁ。

思えば、勢いで捨ててしまった絨毯やラグ、ちょっと惜しかったなぁ(笑)


ああ!

そんなことを思える日が来たのですね!

><←うれし泣き。


やっぱり、みみの粗相には、大きな意味が含まれていたのですね。


みみが私に何かを主張していたことは確かで、

みみに注目してあげるようになって、

みみにも何か通じて、粗相をヤメタ気がします。


一番、大きな変化は、私ときくのそばで寝ることが多くなったこと!

いつも、ソファで猫と一緒に寝ていましたが、

最近は、私(当然きくもそばにいます)の隣に居る事が多くなりました!


そして、みみの面白いクセも発見!(笑)


オナカがすくと、私のそばに来て、2本足で立ち、

前足を私の肩に乗せ、ねぇねぇ、と言うように、

片手でポンポンと肩をたたくのです(笑)


きくも、座ったまま、そんな仕草をするのですが、みみのそれは、面白いです。

まるで、「ねぇねぇ、聞いて?」と言いたげな、

何かしゃべりそうな雰囲気を漂わせています(笑)


それと、以前より積極的な反応が!

「もう寝ましょうか、ハウスで」と言うと、きくより先に犬小屋へ行くのです!

犬小屋・・(^^ゞ↓これです。屋外用の中型犬OKの犬舎。
http://blogs.yahoo.co.jp/miz_koma/article/298438927.html


実は、この犬小屋に、きくを入れたのは数日間で(^^ゞ

きくは、このダダッ広い犬小屋がキライなようで、入れると鳴くので、

夜は、寝室で私と一緒に寝ていたのです(^^ゞ

以来、押入れのごとく収納家具になってしまいましたが(^^ゞ


みみが来てから、夜、みみだけ入れるのも可哀想で、

きくにもここで寝てもらうことに。

きくは、今更こんな中で寝られないワン><と嫌がったのですが、

半ば強引に入れ、今では、2ワンに「ハウス!」と言うと、おとなしく入ります。


で、夜、私が寝るまで居間で2ワンは過ごしているのですが、

「さてと、寝ようかな~、きくちゃん、みみちゃん、ハウス行こう~」と言うと、

みみは、きくより先に犬小屋へ行き、ドアの前で待ってるのです!

ちょっと前までは、きくのあとからトボトボと向かった、というノリでしたのに。


><うれし泣き。


この目に見えて解る行動の変化!


それと、みみは、胴輪リードも、犬服も、喜んで着ようとします!

私が手に持つと、尻尾をフリフリそばに来ます。

きくは、モロに嫌なようすで、私から離れて目を合わさないように、知らん顔(笑)

「イヤなの?なら、きくは、お留守番ね」と言って、

私とみみが玄関に立つと、シブシブと玄関に来て、胴輪を付けさせます(笑)


そして、そして!

最高にホッとしてるのは、やっと、普通のテンポで歩くようになりました!

座り込みが減って、きくより先を歩こうと、引っ張っるようになりました!

これも大きな変化です!


食糞は・・まだ、するかしないか、解りません。

今も、みみが猫のトイレに行けない様に仕切っています。

その仕切りは、部屋の動線としては面倒で支障があるので、いずれ外したいのですが(^^ゞ

今もたま~に、猫フードを食べたがるので、ちょっと不自由でも仕切って様子見です。

自然となおる、と言いますが・・自然になおるまで放置できませんて!

猫糞は犬糞の何倍もクサイですから(^^ゞ


そして、もうひとつ!

これもまた変化というべきか?

みみの車酔い、車に慣れないどころか、最悪です><

今では、車に乗せただけで、生唾がタラ~リ。

ガタガタと震えだします><。

必ず、吐いてしまいます・・。

なんとも苦しげで、可哀想で乗せられません。


1歳のお誕生日を迎える8月を過ぎても、車に乗るたびに酔うなら、

体が受け付けない、車に弱い体質だと判断してあげた方がよさそう?


思えば、それだけがネックなんだ!

粗相もしなくなり、過食気味もオサマッて、しっかり歩いて散歩もできる!

><←うれし泣き~。


ネックは、車酔いだけ!

ドライブできないだけじゃん!・・・(^^ゞ


みみ、

近い将来、きくと一緒に車窓から、カワユイ顔をちょこっと出して、

大きな耳を楽しげになびかせる日が来ること、ママは祈ってる~。

関連記事

想像で^^奇談怪談余談あり(^^ゞ

ちょっと前まで、きくとみみが、写真のように、

ふたりが同じマットをとり合った時、

私は、新参者のみみをどかしていました。



すると、きくはいつのまにか・・

後から来ても陣取れると思いこみ?

こうして、みみが先に確保した寝床に、

横入りしてくるように(^^ゞ



そうなると、みみは、

どーせアタシが動かなきゃいけんのやろ?ッテな感じで、

移動するわけで・・



私はその様子を微笑ましく眺めていました。

そして、先住犬のきくをよりいっそう優先に扱い、

新参者のみみを下に下にしてきたら・・・



思わぬ方向へ



みみは・・・

来た当初より、きくと遊ばなくなりました。

そして、覚えたはずのトイレを無視して、あちこち粗相し、

猫フードは盗み食い、はたまた、猫糞をあさり、

そしてとうとう、歩きたくない病に(^^ゞ

※みみがきくより足が速いことは、当初から知っています。

なぜって、来て早々に散歩しましたから!

あの頃の2ワンは、自然と寄り添っていました・・。



この話は、以前にも書きましたが、

初めて読まれる方のために、書かせていただきました。




゜・:*☆*:・゜そして先日のこと゜・:*☆*:・゜




イメージ 1



ふたりは、静かにクンクン、ンガンガと、鳴きあっていました。

傍観中の私は、外国語を聞いているようなもんです(笑)



*☆*――ちょっとした奇談怪談余談ですが――*☆*



さて、今だから解る事ですが・・



過去に、きくがみみを追いかけて、蹴飛ばしていたことがあります。



きくが走ってきて、ご飯を食べているみみを蹴る・・ヘンな遊びでした。

いつから始まったか忘れましたが・・いつのまにか、やっていました。

きくが、自分と同じ体力で遊べるみみに、嬉び、仲良くはしゃいでいると思っていました。

が・・

あまりに、きくの蹴りが激しい時もあり、みみが食事もできないので、きくを繋いでおいたことも。



ふと、ぞっとすることを思い出しましたよ。



きくの蹴り・・

あれは、遊びではなく、私のマネではないかと!



私がみみを叱っていた様子を、じっと見つめていたきくです。



ふたりのリーダーは私です。



きくは私に従って、みみに対して、私のような態度を?



私は、まさか、足蹴りとかしてないですけど、

散歩から帰って、きくの足を洗っている時に、

食糞しようとするみみに気づいて追いかけ、

或いは、食糞しているみみを抱き上げ、

その場から、押し飛ばしたことが何度かあったのです!

それが、きくには、前足で蹴飛ばしてるように見えたのでは?



見えなくもない!



ゾっ・・・



きくは、私が望むだろうことをしていたのではないだろうか?

ふと、そう思ってぞっとしました。

リーダーが望むことを!そう思えてならないのです。




きくは、私を良く見ています><

あの頃は、私のしていたことをマネしていたのですね、

だって、今はやりません!



楽しい遊びなら・・今だってやるはずなのに・・

ピタリと、走り蹴り遊びをやらないのです!



きくなりに、みみにバツを与えていたのでしょうか?



(^^ゞ*☆*――ちょっとした奇談怪談余談でした――*☆*




さて、みみへの愛情を意識し、

しっかりと注ぎ始めたその後。

そうです、2ワンを平等に扱い始めてからは・・




イメージ 2





こうなっても・・

いつまで~も、みみは移動しませんでした。

いつまで~も、きくもそこにいました(笑)



まるで、私の判断を試すかのごとく?



さぁさぁさぁ、美月の親分、どっちとるよ!って?(^^ゞ

なんせ、このふたり・・

頭がいいのですよ><

気持ち悪いくらい><

(かなり親バカですね)



で、私は2ワンを無視して、ブログを更新していました(爆)



この情景は、お互いが権利を主張、強情になった険悪なシーン、でしょうか(笑)

それとも、お互いの存在を認め合い、仲良く寄り添う親愛のシーン、でしょうか(笑)



皆様にお伝えする2ワンの仲は、そもそも私の想像なのですね。



このあと、きくはソファへ移動してしまいました。

すると、すぐに、みみも付いて行ったのです。

アガサの、そして誰もいなくなった状態の、マット!



ほっとしたのは私です><

どちらが移動しても、どちらが残っても・・気になるじゃないですか!



ふたりは、同じソファでノビノビと寝ていました。

関連記事

白いタマゴは・・(^^ゞ

イメージ 1


私「旦那~、カエルさんトコも全滅しちゃったんだって><」

関連記事

バルはジャングル

只今、3時のコーヒータイムです。



昨日の記事でラッキーライラックをUPしましたら、

ブロ友のふくりんさんが、庭木としてのライラックが見たい、

とコメントを下さったので、我が家のバルコニーを公開します。



では、御覧あれ。リラの鉢植えどす。




イメージ 1



旦那に売ろうと栽培していた水草は、いつのまにかバルコニーへ(^^ゞ



我が家のエアコンは、天井に付いていて、業務用になっています。

猫達が、壁に爪砥ぎができないよう、コンクリート打ちっぱなしのマンションを探しました。

コンクリートむき出しは、冬は寒く、夏は暑くても、このエアコンがあれば快適ってことですな。




イメージ 2



しか~し!

室外機から流れる風が強く、バルコニー全体に流れてくるので、

間隔をあけて仕切らないと、植物は(その冷風や温風で)育ちません。

なので半分、仕切ってます><全体が使えたら文句なしのバルなのに。




イメージ 3



ジャングル状態なので、公開したら後悔しそうですが(笑)




イメージ 4



ののっちは、スキあらば、お散歩探検です(^^ゞ

ののちゃんの空は、生涯、ここからの眺めだけです。

せめて、探検できる興味深い森のように・・(と言えば美談です)




イメージ 5



バルは、天井がないぶん、高木も育てられます(爆)



なぜ?こんなに狭いとこに樹木を?



ブロ友のママちゃんが、バルに銀杏があるなんて~と、

不思議に思っていたようなので、お話させて下さい。



これは、猫達の木なんです(^^ゞ

私は、今から25年以上前から、多頭猫と暮らしてきましたが、

猫達が天命をまっとうした時、実家の庭に埋葬しています。



埋葬後、庭いじりの好きな父が、うっかり掘り返さないように(^^ゞ木を添えています。

我が家で一緒に暮らした愛しい猫の墓に、何も目印がなく埋葬するのは寂しくて。

小さな苗木から育て、少しづつ成長して丈夫にした木を植えれば、

その仔と過ごした楽しい時間を思い出せます。



そういう時に植えるため、育てていますの(^^ゞ

バルの木々が、ジャングルのように育っているってことは、

それだけ、今の猫達が元気に生きてますってことなんですね(笑)
イメージ 6



関連記事

バルコニー便り -ラッキー!-

新緑は、我が家でも眺めることができます。



リラの木と銀杏の木があるのです。

先週、洗濯物を干している時に気が付き来ました!



リラにツボミが・・
イメージ 1





そして先日、咲きました!



おお!

なんと!

早々と発見!



リラの花弁は通常4枚なんですが、5枚付いてるものを!

ふくりんなら知ってるかな(笑)

ラッキーライラック、縁起のいい花びらだってこと↓




イメージ 2



今朝は↑さらに咲きまして・・

な、な、なんと!

またまた発見!



地震でもこなきゃいいけどね(^^ゞ



幸せがいっぱい♪なら、素直に喜べって感じだよネ(笑)

関連記事

お散歩風景 -新緑の森-

今日は都内の気温が25度くらいになるそうです。

ジョギングしている人は、この新緑の森で、

心地よく汗をかくことでしょうな。
イメージ 1





あれ?

この写真だと・・

きくの方が大きく見えますが・・

ハイ!同じくらいになりました。

つまり、きくが伸びて、みみが太り(笑)




イメージ 2





道端に咲くスミレとホトケノグサかな。

いずれも、カケションされていると思われます(^^ゞ

なんだか、寛大な精神に思える野草ですよ。
イメージ 3





木洩れ日に照らされて美しく輝いていました。
イメージ 4





ああ!

めまいが・・

あまりにも、あなた方が眩しくて・・・



*☆*――*☆*――*☆*



じゃなくて、(^^ゞ

めまいは、持病のひとつで貧血症なんですよ><

他に、神経痛など持っています(^^ゞ



さて、ちょっと前から手足がシビレて、

手足に虫が這っているような気持ち悪さでしたが、

友人から、こんな薬を紹介されて飲み始めました。

大きいビンのほうです。

赤い方は、貧血止めね。

ようは、血のめぐりが悪いのでしょうね(笑)

頭もですが(笑)
イメージ 5



大きいビンの方の裏側には、こう書いてありました。



次の場合のビタミンEの補給:老年期



私には、効いてきたようです。

このとおり、タイピングが苦労じゃない感じ(笑)

年と共に、補給しないといけない常備薬も増えていくのですね。

素直に頂いて、健康を保ちたい気分です。



では次!

手がシビレないうちに、我が家のバル便り♪を・・

関連記事

本日3本立て - 階段上れたワン♪ -


イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



てことで、

3本目は画像のみですが、

ちょっとずつ進歩してます!

関連記事

覚書 -私のためのメモ-


イメージ 1



一番上にある本は、躾けに悩んだ時に、

犬のブロ友さんから紹介された本です。



私が言うのもなんですが、

この本にたどり着いて、なるほどなぁ~と思えたのは、

基本の躾けも知ったからだと思います。



例えば、子犬100匹中、80匹が同じような行動や反応を示せば、

その行動や反応は、子犬の半数以上80匹がそうである普遍的な性質で、

それを元にした躾けの本は、充分頼れます。



と申しますのも・・




イメージ 2





きくは生後2か月で我が家に来ました。



躾けの基本マニュアル本どおり、2ヶ月からスタート、スンナリとコナセタ実績があり(笑)



きくのように、母犬と離れて、すぐに手元に来たような子犬には、最良のノウハウ本です。

一つの群れ(元親家族)から離れて、すぐに別の群れ(我が家)の中に。

子犬のお腹がすかないうちに、群れから群れに・・。

そうやって子犬を手に入れることが、本来は理想的なのでしょうね。



躾けの方法は、群れ(母犬家族)と離れて、ヒトリになって、どのくらい経過しているか?で、

変わってくるようです。



普遍的ではない20匹、この言い方は適切とも言えないですが、

例えば、親から離れてあちこち経由して手に入れた子犬たち(みみ)は、

親のいた群れから離れて、ひとりにされた時間に体験したことも、

どんな小さなコトでも、すりこまれていったはずです。



オオカミは、知的で強いリーダーを選出し、

リーダーに従えば安全に生きられると信じて行動するそうです。

服従する心には、リーダーにむけて厚い信頼と尊敬があるそうです。



それが犬にもあると言いますが、群れから外された子犬は、

一匹オオカミッコ状態でしょうか?



ちなみに、オオカミは、大人もコドモも、

自らの意思で群れから離れることはないそうです。

リーダー争いに負けたら、潔く服従する側にまわるそうです。

オオカミは、野生の世界に自分より強敵がいることや、

1匹では負けてしまい、生きていけないことを知っているからだそうです。



けど、万が一、群れからハグレテしまったら?

子オオカミだって、これくらいは、思うでしょう。



ボクは一匹オオカミになっちゃった><

自分の身は自分で守らなきゃ><



そんな子オオカミの本能が、子犬にもあるかもしれません(笑)



母犬と離れた子犬は、その瞬間から、生きていくための本能で、

自分の群れ(家族)を探しているのではないでしょうか?



*☆*――*☆*――*☆*



以下は、私の勝手な想像なので、読み流して下さい(^^ゞ

自分のために書き残しておきます(^^ゞメモ!



生後5ヶ月までショップにいた、みみ。

我が家に来る前に、こんな生活をしていたら?を想像してみました。



大事な商品として、ガラスに触れるような感じで扱われていた(自由奔放)とか、

あるいは、ケージから出たいとはしゃいだ時に、

ウルサイ!とか、ダメ!とか言われ続けていたら・・とか、

もしや、シーツ交換の時に、乱暴に扱われていたら・・とか、

その日、その日、担当する人によって、優しくされたり、そうでなかったり(^^ゞ



群れではない個室で。



私の言葉は、躾けではなく、過去の何かを想像させた言葉かもしれません。



オオカミの子だって、群れから逸れても、食料と安全を保障したら、生きていけます。

が、群れを知らずに育ったオオカミの子は、簡単に本物の群れに馴染むのでしょうか。



みみ、

ショップでは、誰に服従しなくても、時間がきたらフードが貰えたはずです。



うちへ来たら、フードもオヤツも、何かしなきゃ貰えない、なんて(^^ゞ

ありえないコトだったかも(笑)

こんな群れ、あり?なーんてね。



みみが、ガム好きなのは、ショップでもカジっていたいたんだろうと思います。

5ヶ月で歯が抜けかわっていた事実も、それだからではないでしょうか(^^ゞ



*☆*――*☆*――*☆*



私は、みみを手に入れる前の、みみの育ち方を知りません。

もしかしたら、ばかりです。



ショーウインドゥの中にいた期間は永遠に謎です(笑)




イメージ 3





てことで、納得!



これらの本、私には、かなり役に立ってると思います。

こんなに犬に興味を持つなんて!

自分に笑えます!



解らない過去を想像してあげることから、扱い方も変わるわけで。



そもそも!

幼犬を群れから離すということ事態、不自然なことで(^^ゞ

子犬を人間が子供のように育てる、その不自然な行動から、躾けは始まるのです。



家族を群れだと意識するまでの時間は、個人差があるのですね(笑)



みみには、ここが安全な群れのなかだょ!ってこと、

自然に感じ取ってもらうことからスタートです。




さて、私よ!忘れなさんな!

関連記事

きくに捧げる唄♪ 

きくへ語ります(笑)

僕、は私です(#^.^#)



僕、と書くと、一呼吸置いた感じで、軽く素直な気持ちになれます。

私、ですと・・なんだか、学生時代のレポートみたいに緊張します。



*☆*―― 愛しのきくへ ――*☆*

語り口調の節で♪



僕が、きくの為に買った躾け本のことだけどさ、

あれ、なんで買ったか、本当の気持ち、

きくに話してないよね?



きく、

今、話すよ。正直にね。

きいてくれ、きく。



知りたかったんだよ。



何をって・・

うん・・

他の子犬たちの成長が。



(ここで間奏♪は、ピアソラのCafe 1930♪をお勧めしたいな。

今の気持ちの、イメージぴったりなんだ><

知らない人はyoutube.comで探して聴いてくれ(^^ゞ

とりあえず見つけたのは↓
http://www.youtube.com/watch?v=QIJlax6W8F0&feature=related

とかね(#^.^#)Good!!

デュオの完成度はさておき(^^ゞ、

特に、この曲のフルート・パートはかなり難しい。

このパートは、アコーディオンや、バイオリンや、チェロでも素敵なんだょ・・
http://www.youtube.com/watch?v=JJHSDbrC-Vs&feature=related

↑ ピアノ&バイオリンで聴くと・・こんな感じ。

ってそんな話じゃないよなぁ)




さて、きく、話を戻すよ。



(きくは僕の膝の上で、みみは僕の足元で、

静かにピアソラの曲を聴きながら寝ている。

エマニエル・パルが演奏するソレは、気に入ったようで(^^ゞ)



きく、ごめんな。



僕にとって、あの躾け本たちは、

きくと他の子犬を比べることができる唯一の資料、のように思えたんだ。



あの躾け本に記された、犬のお勉強は、

並のワンコが、ふつーにクリアできるコトだろ?ってね。



きくには、それ以上を望んでいたんだ。

僕の犬なら賢くしたい、そんな理由で。



僕が学ぶはずの躾け本なのに、きくに学ばせていたんだ。



きくの為の躾け、

生きていく為の躾け、

とは違う躾けだったよ。



単なる見栄だった、と思う。



犬は、賢くてナンボと思い込んでいたんだ。

賢いから可愛い、そう思い込んでいたんだ。

言うことをきくから可愛い、それが犬だと。



他の家の子犬より、どれくらい利口かなんてさ、

子犬の頃の躾けがキメテ!なんてさ・・、

そういう魅力に、取りつかれていたんだ。



14週目までに、これができればヨイ~!

16週目で、これだけできれば最高だぜ!

全部、早めにクリアしていた、きくだよ。



本当に利口だった。



お前は、この一年、どんな子犬時代を過ごしただろうね・・



僕と歩く時は、僕の傍らに寄り添い、

前に出てもダメ!

後ろになってもダメ!

ピタリと傍らを歩け!

それが、この躾け本によれば、ふつーの犬にはできるんだ!

きくだって、できる!なんてね・・。



僕の出す命令の答えに、いくつもの答えが浮かんで、

戸惑っていた顔さえも、可愛いと思った、なんてね。

必死で正解を探していた顔を笑うなんて、ゴメン。



そんなことばかり気にして、読んでいたんだ。

何のための、躾け本だったんだろうね。

僕は、いつのまにか・・きくを

お受験を抱えたお子様のように扱っていたんだ。



1歳になった今、きくは、本当に自慢できるコになった。

グレもせず。



どこへでも連れて行ける、ゼッタイ的信頼を僕に与えてくれた。

僕の手習いの、お稽古場にも、何度も連れて行った。

4時間以上、小さな座布団の上に座って、じっと僕の作業を見ていた。

師匠の家のワンコたちには、ありえない態度らしい。

お弟子さんたちが、

『きくちゃんみたいな犬なら欲しいな。人間みたいね』と褒めてくれた。

その言葉で、僕はすっかり有頂天に!



僕なら、次のコも、こんな風に育てられるよ!なんてさ。

躾けなんて簡単!なんてね。



そして、僕らはみみと出会い・・
イメージ 1





みみが来て、教えてくれたね。

躾けは一筋縄ではイカナイわょって(笑)

みみが、教えてくれなかったら・・

僕は、また安易に犬を手に入れたかもしれないよ。

僕の傍らに、服従させ、寄り添わせるために。

安易に。



そして、何頭目かで、手に負えなくなり・・

本当の、躾けの難しさを思い知ったかもしれない。



きくが、良い飼い主の選び方、なんていう本を手にして、

僕をチェックできたら、僕なんか、落第で、

きくの飼い主になれなかったかもね。



今夜は、立場を変えて考えているよ。



きく~、見栄ッパリでゴメンな~。



きくのようなコは、いないよッ!



ありがと~、きく。

きくのおかげで、みみを手にれた!

みみのおかげで、きくのすごいとこを知ったよ><



これからは、みみとノビノビ過ごそうな!

みみの顔にキスしてくれた、優しいきく。



きく、ごめん。

ありがとう。



*☆*――*☆*――*☆*



はぁ~♪

溜息♪(笑)

こんな話より、お散歩風景を載せなきゃ(^^ゞ



その前に、何か、呑もっと(^^ゞ・・

関連記事
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR