主 now The きく♥みみ&たび シクラメン
FC2ブログ

猛暑を乗り越えた原種シクラメン&メダカたち

梅雨のあと、
猛暑と豪雨の夏がきました。
季節は流れて、今は秋雨・・って、今日はかろうじて晴れていますが(^^ゞ

今年も、あと4ヶ月足らずとなりました。


20140912medaka.jpg
今朝のメダカたちです。

猛暑の日々は、バルコニーの気温が40度を超えまして、水温も気温近く上がってしまいます。
コンクリートマンションですから、日が落ちても暑いまま。

午前10時と、午後3時に分けて、保冷剤を袋に入れて水鉢に浸しました。
思えば、去年もそうしていました。

水温は、30度以下を保ちましたが、保冷剤が、ひと肌以上に生暖かくなっていることに驚きです。
午前と午後の、その一瞬の作業で、外泊もできず、どこへも行かない夏でした。
けれど、そのかいあってか、メダカさんたちも元気です(^^ゞ

水温が15度以下になったら、部屋の水槽に移して冬を越しますが・・
これからの夏が、毎年40度近い猛暑になってスコールのような空模様になるなら、
バルコニーに出すのは、考えなくては・・・

-------------------

そして、数日前から、朝晩は、秋の気配を感じます。
バルコニーにある植物たちの鉢のかげに、放置気味で置いておいた原種シクラメンが、
深い眠りから覚めたかのように、成長をはじめ、花芽を付けました。

へぇ~!ですね(笑)

20140912a.jpg


あなたたち、無事だったのね!!
生きていたのねっ!
ってな感じでビックリ。

20140912b.jpg


これは、シクラメン・グラエカムです。
すごい生命力。

すっかり地上葉を無くして、株はひび割れ・・もうダメだろう、と思っていました。

球根部分が固いので、そのままにしていましたが・・
枯れたのかな~と思っていましたが、今月になって、花芽が伸びていることに気づいて感動。

花が咲くなんて、嬉しいですね。

他のシクラメンも、去年の購入株は夏を越せませんでしたが、
一昨年の夏を越せた株は生きています。
ハウス育ちでも、この場所で、1年頑張れたら、生き残れるのでしょうね。
石の上にも3年、の辛抱・・じゃなくて、バルコニーでも1年、放置に耐えたら?(^^ゞ

そして、あの、コボレ種から成長した<不思議ちゃん>も、猛暑のなか、葉を付けたまま乗り越えてました。
次回は、その証拠写真?(*^-^*)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ

シクラメンの「不思議ちゃん」種から開花!

みなさんは、シクラメンを種から育てたことがありますか?
私は、4、5年くらい前から、種まきに挑戦していました。

育てるつもりで撒いた種からは、100%の発芽率でした。
「キャー!こんなに芽が出て、高級シクラメンが、こんなに増えたらどうしよう!」
発芽した時は、こんな嬉しい悲鳴を上げていましたが、
3枚目の葉が出るか出ないかで、雲行き怪しく・・すべてダメになりました。

ある日、
知らぬ間に、バルコニーに置きっぱなしの鉢植の根元にコボレた種が、
一つだけ、育っていることに気が付きました。

驚きのあまり、「不思議ちゃん」と名付けて見守りました。
それがまた、成長の遅いこと遅いこと。

いつ芽が出たのかは解りませんが、2012年の7月には芽が出ていました。
恐らく、ちょうど今頃の季節に、シクラメンを室内からバルコニーに出しますから、
花摘みし忘れたものが、種を付けていたのでしょう。

あれから2年後の今、2014年の4月に開花!
ほぼ、放置している状態で育ち、今年は花を咲かせました!

では、去年の様子から、ご覧下さい。
葉は、1年に5枚くらい??生えました(^^ゞ

2014fushigi01.jpg

3月8日、よく見ると、ツボミが!感動!

それにしても、シクラメンの花の季節は、晩秋10月~早春2月くらいですよね(^^ゞ
狂い咲きみたい・・ですけど、なにせ「不思議」ちゃんですからね。

2014fushigi02.jpg

他のシクラメンと比べると・・・みすぼらしいけど、可愛い><

2014fushigi02s.jpg

時、同じくして、実家に置いてきた苗は?

過去に、全滅させた体験から、実家の母にパックごと進呈。
母は、そのままそっくり素焼きの鉢に移して、
日の当たる玄関の窓辺に置いて、放置気味で育ててくれました。


20140514jituka01.jpg

これは見事!
小さいうちは、夏も葉を落とすことなく成長するのですね・・
とはいっても、成長していると言えるほど、大きくならないようです(笑)
この状態で、今月は、実家の庭に地植えしました。

さて、我が家の「不思議ちゃん」です。
先月、ツボミがあがって、3つ咲きました。

2014fushigi03.jpg



花は、3つしか咲きません。
葉の数だけ咲くのかなーと期待していましたが、
芽が出た年の、最初に育った葉の数が3枚。
何か関係しているのでしょうか。

葉をかき分けても、花芽はありませんでした。


2014fushigi04.jpg

しっかりと、花の茎があがって、シクラメンらしい姿。
貴重な3輪です(笑)

2014fushigi05.jpg

この体験を生かして、今から、
適当に、種を撒いておく楽しみを実行しよう!

5月は、シクラメンの種まきには時期はずれですが、
ちょうど、種が自然とハジケル時期です。

自然と種がコボレたことにして、バルコニーの花木の根元に撒いておけば、
また不思議ちゃんのような、小さくても逞しいコが生えてくるかも・・。
え?わざとらしい?
それは逆に不自然だ、って?(笑)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ

種から栽培2年後 -シクラメンの不思議ちゃん-

不思議ちゃんと名付けたシクラメン。
不思議ちゃんとの出会いは、このあたり。

20140226fushigi03.jpg

2年前の夏。
コボレ種が発芽して、マリーゴールドの根元で育ち始めました。
このコが、不思議ちゃんと呼ばれる所以は・・
なかなか成長しなかったのです。

枯れるだろうと思いつつ、そのままに。

冬になり、年が明けましたが、特に変化なし・・
生きてるだけ、すごいなって感じでした。

1年後の同じ日。

20140226fushigi04.jpg

そうです、去年の夏も、こんな感じ(^^ゞ

その年の冬も、花も咲かずに年が明け・・
不思議だなーと思っていました(笑)

ですが、今年の不思議ちゃんは・・
不思議なことに、自然体!

20140226fushigi01.jpg

けっこう逞しくなって、ガーデンシクラメンくらいの大きさになりました。

不思議ちゃんが、ふつーの自然ちゃんに(^^ゞ

良く見ると・・

20140226fushigi02.jpg

ツボミのようなモノが!
何か咲くのかな・・もしかして、シクラメンのような花?
或は、シクラメンに見える不思議な花?(笑)

でも、2月も終わる今頃に、こんな小さな花芽では、ね。
いつごろ咲くのでしょうか、5月頃?
とはいえ、かなり楽しみにしています(笑)

--------------

さて、発芽して早々に、実家の母に管理を任せたシクラメンは?
※この話は、こちら【シクラメン -種から育てる再挑戦-】に。

こんな感じです。
まず、種まきは2012年の2月中旬。
発芽は、しっかり、ひと月後に。
いかに適当に蒔いたか、解ります(^^ゞ

20140226jituka01.jpg

実家の母が、素焼きの鉢に植え替えてくれました。
そして、去年の冬も、↑↑こんな感じ(^^ゞ

そして、1年後の、今年の今です。

20140226jituka.jpg

ええーーー?
育ってない!
同じ写真じゃないの?って・・いいえ(^^ゞ
今年の最新画像です><
地味に育っています。

そうです・・我が家の場合、
自然栽培では、こんなに時間がかかるのですね。
私自身も驚いています。
これだから、大株になればなるほど、シクラメンの価格がお高くなるわけです。

不思議ちゃんは、ガーデンシクラメンの大きさになりましたが、
ガーデンシクラメンの価格では売れません!
え?商品価値がないって?
いえ、その逆で(^^ゞ
わたし的には貴重すぎて、価格が付けられません(笑)

どこぞの家で、種を撒いた年に、花を咲かせているお宅もあるかと思います。
花農家さんなら、あたりまえかもしれませんが、
趣味で栽培している人で、種を撒いて、その年に花を咲かせている人は、すごい!
どんな肥料を与えているのか、知りたい!(笑)

ちなみに、ほぼ放置気味でも、ちゃんと育っているから、
不思議ちゃんは、やはり不思議ちゃんです(*^-^*)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ

夏越し、1年目のシクラメンが開花

ところで、去年の夏を越したシクラメンは、どうなっているでしょう(^^ゞ
我が家で、唯一夏が越せた株は、3株でした。

↓ 古い画像を使いまわしてすみません(笑)
夏を越したシクラメンの今という記事を去年の11月にUPしています。

この写真の3番目のシクラメンは、夏は越せましたが徐々に枯れました><

image23.jpg

あれから・・・
現在の、1番目のシクラメンは、こんな感じです。

20140220d.jpg

ツボミがあがってきました。
正直言って・・購入当初の様子が、思い出せません(^^ゞ
少なくとも、もっと花丈が伸びて、葉が円を描くように茂っていたと思います(笑)

葉組できるほどバランスよく生えずに、大きさもまばらです。
ただ、とても逞しい葉です。
コシがあって、肉厚があり、葉野菜のようです(笑)

そして、病気にもなっていません。
あの雪の日も、バルコニーにだしっぱでしたが(雪よけはしていましたが)健在!

そして、2番目の株は、こんな感じです。

20140220a.jpg

これも、野性的。
ガーデンシクラメンだったと思いますが・・ミニビクトリアでしょうか(笑)

しかも、根元がわさび根。
20140220c.jpg
でも、このままにしておきます。
夏になれば、この部分は自然と取れて、なくなるでしょう・・

花の様子。
20140220b.jpg

正直言って、花はショボイですが、逞しさが漂っています。
それに、なんとなくツボミが、ふわっと膨らんで、可愛いのです。
それと、球根が大きくなりました。

実は、密かに感動しています(笑)
売り物には程遠い容姿ですが、夏を越して、初めて1年目を迎えたシクラメンたち。
今年のシクラちゃんに、負けない美しさがありますよ。

さて、今年はなんやかやと、新しい購入株を4株手に入れています(^^ゞ
何鉢、夏を越せるでしょうか・・

次回は、種から育っている<不思議ちゃん>と、実家のシクラちゃんたちをUPしましょう!
不思議ちゃんは、不思議ではなくなり、ごくごく自然ちゃんになりつつあります(笑)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ

原種シクラメン -C.graecum-

今日は、我が家のシクラメン・グラエカムをご紹介します。
原種シクラメンは初めての栽培です。
これから、どのように育っていくか楽しみです。

写真は、今年1月の、購入当時。
今日も、こんな感じです(笑)
球根は固く、種も付いています。

5月なか頃に、種を収穫できたら撒いてみます。
なんせ、一輪の種、ですからね、
収穫できたらラッキーです(*^-^*)

20140131r-cyclamen.g.jpg

地植えはできないそうです。
なので、深めの鉢で育てるのですね。

球根を半分出して植え付けるそうです。
ヒアシンスみたい?

20140201graecum01.jpg

グラエカムの特徴
花期は、初秋から。
園芸用のシクラメンより、一足早く咲きだすのですね。
冬まで咲いて、その後、葉は後から出てくるそうです。

不思議ですねぇ・・
園芸種では、葉が先に出て、葉の数だけ花が咲きますから、逆ですね。

花が終わると、春から初夏まで、葉を観賞するのですね。
夏場には、その葉も、なくなるそうです。
休眠に入るのですね・・

う~ん・・休眠が永眠にならなきゃいいけど><

うまくいけば、秋口に花芽が出てくるのでしょうね。

長生きするそうで・・
年月とともに、球根が大きくなっていくそうです。

とにかく、枯らさないようにしなきゃ!
変化があったら更新します(笑)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR