主 now The きく♥みみ&たび イチョウ
FC2ブログ

生きた化石 -銀杏の木-

生きた化石と言えば、真っ先に浮かぶのが、
シーラカンスとかカブトガニとかいう生物です。
が、植物にも生きた化石なるモノがおりました。
銀杏も、生きた化石と呼ばれる植物だそうです。
原産国は、中国。

私は、15年近く銀杏と一緒に暮らしているのに、
生きた化石だったことを知りませんでした。
他に、ソテツも、生きた化石と言われる植物だったのですね(^^ゞ

さて、バルコニーでイチョウを育てている、というと・・
変人?ぽい話ですが(笑)
我が家には、樹齢15年くらいのイチョウ君がおります。
この機会に、樹齢15年と決めちゃいましょうか(笑)

たしか、2003年の頃に始めたブログに、
その出会いと成長を綴った記憶があります。
当時はブログがメジャーではない頃で、
ホームページに添えた簡単な掲示板のような日記でした。

最初にイチョウについて書いた文をなんとなく覚えています。
『このイチョウは3年以上前から我が家にいる銀杏です』
とか、書いたような。
イチョウくんは、2000年には、すでに我が家におりました。

思えば、こちらのブログには、
このかたを主役に書いた記事が一つもないことに気づきました。

20121127ichou.jpg
こちらは、去年のイチョウくんが紅葉した様子です。
遠くに見える巨木の銀杏も、お見事でしょう!

このイチョウの苗を手に入れた経緯も微かに覚えているのですが、
季節は春先で、今頃だったような気がします。

母から貰った鉢植えの山野草が枯れたので、
鉢から出して処分しようとした時、何かの芽を発見。

ちょうど、植木鉢の脇に沿って細い棒のようなモノが生えていて、
人差し指くらい伸びていました。
何なのか解りませんでしたが、根っこもあり、何かの植物であることは確かで、
そのまま鉢に戻して放置していました。

半月くらいすると、
棒の先の方に小さな小さな扇形の、可愛い黄緑色の葉が、
何枚も集まった状態で生えてきました。

小さくても、イチョウだと解った時には、驚きと感動と・・
愛らしさを感じ、そのまま育てることに。

想像だにしないことでした。
イチョウの木と言えば、見上げるもので。
イチョウのイメージは、生まれた時から大きな木であり。
イチョウの小さい頃なんて、無いように思えていました(笑)

その成長は、本当に早くて、
日記に書いたころは30cmくらいになっていましたが、
毎年数十センチづつ伸びて、5年後くらいには1m以上になりました。

7年目あたりで、頂点が当時住んでいたマンションの、
ベランダの天井に届いてしまったので、
中心の枝のてっぺんを30cm短く剪定して、止めました。
それでも毎年、脇から勢いよく枝が伸びてきます。

こちらは、今年の様子。
これから剪定を予定しています。

20140324ichou.jpg

良く見ると、根元から1本、寄り添うように細い枝が生えていました。
いつのまに???
去年は、無かったような・・・気づかず。

こういう根元から生えてきた枝は、カットすべきか悩んで、ネットで調べたら・・
寄り添う2本の大銀杏を発見。
縁起が良さそうなので、このままにしておこうと思います。

我が家でイチョウが育っているせいか、
街路樹や公園のイチョウも、意識して眺めたりします。

イチョウは巨木でありながら、
垣根、生垣のように植えることも可能だそうです。

20140323a.jpg
ちょっと、間隔が狭くないですか(^^ゞと思いながら眺めました。

そういえば、イチョウを生垣にしている、素敵なマンションや施設があります。
イチョウは、頂点を止めなければ、上に上に素直に伸びていく木だそうです。
イチョウが自然に育った形は、とても美しくバランスのとれた木だそうです。
恐らく、私の行動範囲で見ることは・・無いですね。

高い建物の垣根にも向いていますね。
落ち葉の処理や剪定などを考えると、その分、管理費が高いのだろうなーなんて(笑)

20120323b.jpg
桜と石神井川と銀杏並木 (桜が咲くと、ここはお花見で賑わうことです)

あと、もうひとつ。
イチョウを記事にしようと、調べていたら知りました。
子供の頃、理科の時間に学んでいたはずのこと。
きっと、先生の話も聞かずに、ボンヤリ過ごしていたのでしょうね(笑)
・・初めて知りました。

イチョウって、どんなに剪定をしても、付ける葉数はあまり変わらないそうです。
イチョウに限ったことではないようです。
樹木の生命力、ですね。
樹木は、剪定されると、残した枝から養分を蓄えようと、枝葉を増やすそうです。
過剰な剪定をしてしまうと、養分が得られなくて枯れてしまうのですね・・
木が弱る、一番の原因とも言えること。

我が家のイチョウのようにコンパクトにしてしまうと、
小さい木にワサワサと葉を付けて、ますますバランスが悪くなることです(^^ゞ
もう少し、伸ばしてあげようかな・・なんて思いました。

縁あって、バルコニーで生きていますからね(笑)

夏場、どんなに暑苦しくワサワサと葉を付けても、
冬になれば、未練なく、潔く、ハラハラと葉を落とします。
寒々しい姿で春を待ち、その春が来たのですものね。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

美月

Author:美月
家族は、夫と母と愛犬3匹、愛猫3匹、熱帯魚。
2015年春まで都内在住。
2015年春から隣県の実家暮らし。

2017年秋、放置気味のブログをこちらに移行して、ワンコ日記を再開。
再開のキッカケは、きくみみに、弟分(たび)ができたから。

ガーデニングブログも、こちらに移行しました。

【主 now The きくみみ&たび】とは、
【シュナウザーきくみみ&たび】
主人公(主犬公?)は愛犬たちという意味です(^^)

-------------------------
注)
2017年10月以前の記事のページは、3つのブログがこちらに移行されていますので、
記事内容のダブりがあります。
少々ウザイ状態ですが(^^ゞ
リンク先が不明ページも(ここに移行して載せていますので)実は、あるのですょ。


猫の創作話は【駒吉(愛猫の名前)】で綴っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントフォーム
こちらのブログへのご意見ご感想は↓こちら↓
【主 now The きくみみ&たび~コメント~】 ↑クリックすると、コメント・メールフォームが開きます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR